学びのスケジュール

情報メディア学科のカリキュラムは、大半が選択科目。したがって、自分の目的に合わせて科目を自由に選択し、時間割を作ることができます。7つの科目群(学科目)に分かれていますので、科目分野を簡単に把握できるようになっています。

情報メディア学科履修モデル

第1セメスター 1年次春

現代文明論

現代文明論1(必修)

現代教養科目

文理共通科目2科目(選択※1)、体育科目(必修※2)

英語コミュニケーション科目

英語リスニング&スピーキング1(必修)

主専攻科目

情報メディア入門ゼミナール(必修)、情報メディア通論(必修)、基礎数学1(選択)、基礎物理A(選択)、情報メディアリテラシー(必修)、プログラミング入門(必修)、コンピュータ基礎(選択)、科学と倫理(選択)

  1. ※1生命と環境、文化と自然、構造と変化、アイデンティティと共生、知識とコミュニケーション、テクノロジーと社会(それぞれ選択、2単位)の6科目から3科目(6単位)以上を修得する。
  2. ※2健康・フィットネス理論実習、生涯スポーツ理論実習を修得する。

第2セメスター 1年次秋

現代文明論

現代文明論2(必修)

現代教養科目

文理共通科目1科目(選択※1)、体育科目(必修※2)

英語コミュニケーション科目

英語リーディング&ライティング1(必修)

主専攻科目

基礎数学2(選択)、基礎物理B(選択)、線形代数(選択)、微分積分(選択)、プログラミング応用(選択)、データ構造とアルゴリズム基礎(選択)、コンピュータアーキテクチャ(選択)、ヒューマン情報処理(選択)、情報メディア産業論(選択)

  1. ※1生命と環境、文化と自然、構造と変化、アイデンティティと共生、知識とコミュニケーション、テクノロジーと社会(それぞれ選択、2単位)の6科目から3科目(6単位)以上を修得する。
  2. ※2健康・フィットネス理論実習、生涯スポーツ理論実習を修得する。

第3セメスター 2年次春

英語コミュニケーション科目

英語リスニング&スピーキング2(必修)

主専攻科目

離散数学(選択)、確率統計と待ち行列(選択)、オブジェクト指向プログラミング(選択)、データ構造とアルゴリズム応用(選択)、情報理論(選択)、オペレーティングシステム(選択)、認知科学(選択)、アニメーション実習(選択)、メディアコンテンツ制作1(選択)、発見的エンジニアリング1(選択)

第4セメスター 2年次秋

英語コミュニケーション科目

英語リーディング&ライティング2(必修)

主専攻科目

データ解析(選択)、スクリプトプログラミング(選択)、デジタル信号処理(選択)、情報ネットワーク概論(選択)、ヒューマンインタフェース(選択)、画像処理・同演習(選択)、データベース・同演習(選択)、メディアコンテンツ制作2(選択)、発見的エンジニアリング2(選択)

第5セメスター 3年次春

主専攻科目

ソフトウェア設計(選択)、情報通信セキュリティ(選択)、インタフェースデザイン・同演習(選択)、音声処理・同演習(選択)、コンピュータグラフィックス・同演習(選択)、情報システム開発・同演習(選択)、企業研究(選択)、技術英語1(選択)

第6セメスター 3年次秋

主専攻科目

情報メディアゼミナール(選択)、ソフトコンピューティング(選択)、バーチャルリアリティ・同演習(選択)、応用情報処理・同演習(選択)、自然言語処理(選択)、テクニカルプレゼンテーション(選択)、インターンシップ(選択)、技術英語2(選択)

第7セメスター 4年次春

主専攻科目

卒業研究1(必修)、メディア社会論(選択)

第8セメスター 4年次秋

主専攻科目

卒業研究2(必修)、知的財産(選択)

情報メディア学科へ戻る