学びの分野

地域活性化を「スポーツ」と「地域づくり」の両側面からアプローチ

本学科では地域を元気にする方法を学び、地域に貢献できる人材育成を目標としています。履修コースは、スポーツを文化・地域づくりの観点から学ぶ「健康スポーツコース」と、よりよい地域社会をつくるための学習・研究をする「地域づくりコース」のふたつで、どちらでも選択して学ぶことができます。徹底した実践的カリキュラムのもと、スポーツの指導や地域活性化を行うにあたって必要な知識、自分の足元をしっかりと見つめると同時に周りを見渡せる視野の広さを身につけていきます。

健康スポーツコース

心身ともに豊かな生活を営むQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を「生涯スポーツ社会」で実現するために、健康やスポーツに関する基礎的な知識を学んでいきます。また、身近な地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導やスポーツ活動における企画・運営など実践的な教育内容も盛り込まれています。

地域づくりコース

地域の歴史・文化・産業・経済などを理解し、地域社会の構造とその変容過程を踏まえた上で、総合的に地域づくりを学びます。地域を元気にするためのイベントの企画運営や非営利組織(NPO)の設立から管理までを体験的に学習するなかで、さまざまな情報を地域に発信するノウハウなど、地域活性化や産業振興につながる手法を身につけます。

地域創造学科へ戻る