学びの分野

デザインの面白さがわかる、デザインで世界を変える、人の気持ちにこたえ、未来をつくる行動力を育てる

4つのデザインの専門領域を横断しながら自分だけの学びのスタイルをつくることができる

グラフィックデザイン、広報・広告デザイン、商品デザイン、建築・インテリアデザインの4つの学びの分野を中心にして、社会の様々な分野で活躍するための実践方法を学びます。複数分野を学んだり、他学科の科目も履修するなど、自分の関心に合わせて履修を進めることができます。少人数のゼミナールや授業外のコンペ等への参加なども、教員がきめ細かくサポートします。専門領域の知識や技術を活かすことで、デザイナーやコーディネーター、また建築士などの専門職を目指すことができます。

デザイン力と企画構想力を身につけて社会で活かせる実践力を育成します

デザインの専門分野の学びに加えて、社会で求められる企画構想力も身につけていきます。アイディア発想法やプレゼンテーションの授業を始め、人と関わりながら場をつくる力を養います。さらに、企業や商品の魅力を高めるブランディング、マーケティングなどビジネスにおけるデザインの役割についても学びます。フィールドワークでは、現場に飛び出し問題解決に必要な行動力を身につけます。

デザインの街・札幌で学び豊かな国際感覚も身につけます

ユネスコ創造都市ネットワークに正式加盟したデザインの街・札幌をフィールドに学びます。さらに、東海大学の国際的ネットワークを生かしたキャンパスライフで、デザインの素晴らしさと国際文化を理解する豊かな感性の人財を育てます。

アドミッションポリシー

デザイン文化学科では、学科の教育目標「フィールド指向の実践的教育を通して、国際的な視点でデザインという知恵や技術を活用し、新しい生活文化創造のために行動できる人材、実践力を備えた人材を育成する。」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

デザイン文化学科へ戻る