学びの分野

法律を学ぶと、あなたの将来は?

現代社会では、どの分野においても「法律をよく知っている人材」が強く求められています。
それゆえ、法律知識とそれを実践的に用いることのできる能力が必須です。

法律専門職&公務員分野
弁護士・検察官・裁判官(法科大学院)、弁理士・司法書士・行政書士、国税専門官、警察官、公務員
経営ビジネス分野
企業の倫理観や法令遵守が求められ、法務部の果たす役割が大きくなっています。さらに、金融、保険、不動産、建設などの業種においても、特定分野の法知識が日常的に必要です。IT企業や各種サービス業でも、リスク回避・クレーム処理などに関わって法律知識が役立ちます。
国際関係分野
海外に取引先を持つ企業は、国際ルールや各国の国内法令を遵守するためにコンプライアンス部といった法的専門性の高い部署を置いています。

法学部は、あなたの未来図作成をサポートします!

あなたの描こうとする未来図に対応できる多様で学際色豊かな授業科目を幅広く用意

いわゆる六法科目(憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法)はもちろん、より専門的かつ現代的な問題を扱う科目(知的財産権法・情報法・環境法)、国際社会に関わる問題を扱う科目(国際関係法・国際法・国際私法・国際取引法)など、皆さんの多様な未来図に適応できる授業を用意。

医学部、海洋学部、工学部、政治経済学部、文学部などと連携したカリキュラムを編成。医療の法と倫理、海洋・宇宙法など、他大学ではあまり見られない今日的な問題を学べます。

自分にピッタリの未来図を描くことができる可能性を飛躍的に広げます。

将来の目標・自分の関心に合わせて科目を選べるカリキュラム

徹底した個人指導により一人ひとりをしっかりサポート

自分の目標・関心に沿って履修計画を立てることができるように、「法律キャリア・プランニング」という授業を用意。また、「指導教員制」の下で、各学期開始時の指導教員による「個別の履修相談」によって、4年間を通して一人の教員が個別にあなたの履修計画立案を支援します。

多様な可能性のなかで、未来図をどう描く?

「法律キャリア・プランニング」

自分で自分の未来図を描いてもらうために用意された授業科目です。自分で描こうとする未来図のなかに、自分のキャリアを位置づけるための手掛かりを提供し、キャリアと履修すべき授業科目とをリンクさせて自分で自分の未来をプランニングできるよう手助けします。

目標が定まれば、学習のモチベーションは高まり、学習も計画的に進めることができます。

授業では、法知識を活かせる職業にはどのようなものがあるかについてきめ細やかに解説し、現職の裁判官、検察官、弁護士、弁理士、司法書士、家庭裁判所書記官、社会保険労務士、企業法務部員、企業社員(知的財産権担当)、警察官、公務員などの方々に対するインタビュー映像を交えながら、現場では実際にどのような形で法知識が役立つのかを学びます。

法律学科へ戻る