学びのスケジュール

法律学を、どうやって学ぶ?

法学導入科目

大学での法律の学習を無理なく進めてもらうために、入門的な科目を複数用意し、高校から大学への橋渡しをスムーズにしています。

講義

法的な専門知識を身につけるだけでなく、法的にものごとを考えるとはどのようなことなのかを学びます。社会で生じる問題を解決 するために、裁判所はどのような判決を下し、それに対して学説はどう反応したのか、またそのような問題解決のためにどのような 法制度がどのような趣旨で作られたのかなどについて講義形式で学びます。多くの授業はこの形式です。

専門ゼミ

専門科目の講義で獲得した法的な知識・考え方を実践的に使うチャンスを皆さんに提供します。皆さんの研究発表に基づいて、少人 数の受講者で議論をしながら、法的な問題について理解を深め、かつその解決の方向を探ります。社会で起こる問題にどのような法 律問題が含まれているのかを発見・分析し、その解決策を考える能力、そして議論をする力を鍛えることができます。また、レポートや論文の作成能力およびプレゼンテーション能力などを養うこともできます。

発展科目&他学部履修

発展的・応用的な科目、他学部と連携して開かれる科目を複数用意しています。これにより、社会に生じる多種多様な問題を、より専門的に、しかも学際的・分野横断的な観点から学ぶことができます。

1年次

「法学基礎演習1」「日本法入門」「刑事法入門」などの入門的科目や、憲法の「統治機構(総論)」「民法総則(法律行為)」といった基本的な法律科目を中心に履修します。同時に「法律キャリア・プランニング」で、法律関連の資格や職業などの知識を身につけながら、将来目指す進路とそのために必要な学習について具体的なイメージ作りを行い、今後の履修計画の立案に役立てます。

2年次

1年次に引き続いて基本的な法律科目、たとえば、「法学基礎演習2」、「刑法(各論)」、「親族法」などで法律学の基礎力を養うと共に、それぞれの将来目指す分野や関心に合わせて専門科目を選択・履修し始めます。法曹をはじめとする法律専門職の志望者も、より高度な内容を学んでいくことができます。

3年次

専門ゼミ(演習1・2)を履修し、特定法律分野を掘り下げてより高度な内容へと学習を発展させます。裁判官・弁護士・検察官といった法曹や、司法書士・行政書士などの法律専門職、各種公務員、企業人……それぞれの目標進路に応じた科目を選択することにより、より専門的かつ幅広い法律知識と法的なセンスを深めていきます。

4年次

3年次に引き続き、より専門性の高い法分野の学習を続けます。法学部では、卒業論文を課していませんが、専門ゼミ(演習3・4)では、原則として卒業研究に取り組みます。その成果は『卒業研究レポート』としてゼミごとに製本され、卒業式の際にゼミの担当教員から手渡されます。

法律学科へ戻る