学びの分野

考古学専攻で学ぶこと

考古学は人類の過去の文化を取り扱う学問です。ただし、考古学でいう文化とは、人類が遺跡のなかに物的証拠として刻みつけ、あるいは廃棄したすべてのものから再現され復元される過去の人間の活動全体を含みます。あるものは日常的な生活の痕跡かもしれませんし、またあるものは偶発的に起こった事件の痕跡かもしれません。とある個人が繰り返し行った行為の累積かもしれませんし、組織だった祭式などの集積かもしれません。それらを遠い過去から現在までの時間軸に沿って整理し、一定のまとまりが見えたとき、そのまとまりを考古学では「文化」と呼びます。
つまり人間の営みに関わるすべての物事を、遺跡に残された物的証拠を通じて的確に再現し、復元する方法を考古学専攻では学びます。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

歴史学科 考古学専攻へ戻る