教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

教育目標及び養成する人材像

 文学部広報メディア学科では、大学・学部の教育理念に沿って、次のように教育目標を定めています。
本学科の教育目標は、単なる技術の習得にとどまらず、メディアに関する理論的・歴史的・制度的な研究成果を土台としつつ、混沌としたメディアシーンに対応できる人材、社会的価値のあるメッセージを創造・発信できる人材、メディアや企業・行政の広報・広告部門で活躍できる人材を育成することです。そのために、多様な人々に向けて、適切なメッセージを送り、良好な関係を築きながら目的に応じてメディアを利用・活用し、メッセージの社会的価値を高める力を養ってまいります。
 広報メディア学科では、本学・学部の学位授与の方針に従い、所定の課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

学位授与に求められる能力

(知識・理解)
 メディアに関する理論的・歴史的・制度的な研究成果を土台として、メッセージの社会的価値(政治的・経済的・文化的価値など)とは何かを理解する力

(汎用的技能)
 各メディアに関する基本的なルールと実践的技術を身につけ、「情報」を付加価値の高い「メッセージ」に変える能力

(態度・志向性)
 現代社会を構成する人々の多様性を理解し、明日のメディアやコミュニケーションの仕事を開拓していこうとする姿勢

カリキュラム・ポリシー

教育目標

 文学部の教育理念に基づき、広報メディア学科では次のように教育目標を定めています
本学科の教育目標は、単なる技術の習得にとどまらず、メディアに関する理論的・歴史的・制度的な研究成果を土台としつつ、混沌としたメディアシーンに対応できる人材、社会的価値のあるメッセージを創造・発信できる人材、メディアや企業・行政の広報・広告部門で活躍できる人材を育成することです。そのために、多様な人々に向けて、適切なメッセージを送り、良好な関係を築きながら目的に応じてメディアを利用・活用し、メッセージの社会的価値を高める力を養ってまいります。
 その教育目標に基づき、次のような教育課程を編成します。

教育課程編成の方針

 文学部では初年次教育を重視し、全学科・専攻において、それぞれの専門分野への学びに必要な基礎トレーニングとなる初期導入科目を開設することとしている。併せて言葉を重視する基本姿勢のもと、読む(R)・書く(W)・話す(S)という国語表現に関わる基礎力の育成にも重点を置いている。したがって教育課程の編成にあたっては、これら2要素に配慮した科目群の設置および配列を共通の方針としている。
 上記の方針に則して広報メディア学科では、教育目標を「メディアと社会の関係を考える」「メディアを作る・表現する」「メディアを利用・活用する」の3つのアプローチに分類し、そこに「報道」「生活・エンタテイメント情報」「PR・広告」の3つのメッセージの分野に即した主専攻科目を「基礎科目」「専門科目」「発展科目」の順に配置して履修モデルコースを設定している。まず「メディアと社会の関係を考える」コースでは、現代社会とメディアとの関係を理論的・歴史的な視座から捉え、そこから社会的に価値のあるメッセージとは何かを考える力を養う。また「メディアを作る・表現する」コースでは、様々なメディアの仕組みと表現技法を学びながら、多様な人々に向けて適切なメッセージを送り、いかに良好な関係を築くかを考える力を養う。そして「メディアを利用・活用する」コースでは、地域、企業、行政などの具体的な立場に身を置き、目的に応じたメディア活用を考え、いかにメッセージの社会的価値を高めるかを考える力を養う。
 こうしたモデルコースの基点を成す科目が、初年次導入科目の「広報メディア基礎演習(必修科目)」であり、全員がこの科目を受講することで、メディア・広報を学ぶ広さ・深さを理解したうえで、自らの力で履修計画を立てられるようになる。他のグレードナンバー100の科目(新聞出版論、広報広告論、放送論、マスコミュニケーション史等)も各アプローチ、分野の基礎科目として位置づけられており、初期導入科目として重視されている。つぎに専門科目(グレードナンバー200)は、上記の3つのアプローチに直接関わる科目が配置されている。新聞報道論、メディア社会学、視聴者行動論、PR・広告戦略論等がこれに当たる。学生は高年次に進むにつれ適宜発展科目を履修し、各々の分野をより深く学んでいく。発展科目にはゼミナール(A~E)が含まれる(グレードナンバー300に相当する)。ゼミナールでは、担当教員の指導の下に、より高度な研究および実践的な課題に、少人数で主体的に取り組む。

アドミッション・ポリシー

 文学部広報メディア学科では次のように教育目標を定めています。
本学科の教育目標は、単なる技術の習得にとどまらず、メディアに関する理論的・歴史的・制度的な研究成果を土台としつつ、混沌としたメディアシーンに対応できる人材、社会的価値のあるメッセージを創造・発信できる人材、メディアや企業・行政の広報・広告部門で活躍できる人材を育成することです。そのために、多様な人々に向けて、適切なメッセージを送り、良好な関係を築きながら目的に応じてメディアを利用・活用し、メッセージの社会的価値を高める力を養ってまいります。
 この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

広報メディア学科へ戻る