教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

教育目標及び養成する人材像

 文学部北欧学科では、大学・学部の教育理念に沿って、次のように教育目標を定めています。
北欧学科は、北欧文化の特質や北欧社会の取り組みについて学ぶことにより広い視野と柔軟な発想力を備え多様な価値観を受容することのできる人材、北欧言語の学習や留学・海外研修などを通じて自らの考えを発信する力を高めた人材、日本という視点から北欧を研究することで批判的考察力を身につけた人材、自己と社会との関わり方や自立した生き方を主体的に構想すると同時に、日本社会が抱える課題の克服に積極的に取り組むことのできる人材を養成することを教育目標としています。
 北欧学科では、本学・学部の学位授与の方針に従い、所定の課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

学位授与に求められる能力

(知識・理解)
 北欧文化の特質や北欧社会の先進的な取り組みを学び、その根幹にある多様な価値観や独自の理念を体系的に理解する力

(汎用的技能)
 北欧言語の学習や留学・海外研修などの現地体験を通じて習得したコミュニケーション能力を活用し、自らの考えを積極的に発信していく力

(態度・志向性)
 社会的責任を自覚しつつ、個人として自立した生き方を構想し、さらに日本社会が抱える課題の克服に向け積極的に取り組もうとする姿勢

カリキュラム・ポリシー

教育目標

 文学部の教育理念に基づき、北欧学科では次のように教育目標を定めています。
北欧学科は、北欧文化の特質や北欧社会の取り組みについて学ぶことにより広い視野と柔軟な発想力を備え多様な価値観を受容することのできる人材、北欧言語の学習や留学・海外研修などを通じて自らの考えを発信する力を高めた人材、日本という視点から北欧を研究することで批判的考察力を身につけた人材、自己と社会との関わり方や自立した生き方を主体的に構想すると同時に、日本社会が抱える課題の克服に積極的に取り組むことのできる人材を養成することを教育目標としています。
 その教育目標に基づき、次のような教育課程を編成します。

教育課程編成の方針

 文学部では初年次教育を重視し、全学科・専攻において、それぞれの専門分野への学びに必要な基礎トレーニングとなる初期導入科目を開設することとしている。併せて言葉を重視する基本姿勢のもと、読む(R)・書く(W)・話す(S)という国語表現に関わる基礎力の育成にも重点を置いている。したがって教育課程の編成にあたっては、これら2要素に配慮した科目群の設置および配列を共通の方針としている。
 上記の方針に即して北欧学科では、「導入科目」「歴史系科目」「社会系科目」「文化系科目」「言語系科目」「卒業研究科目」の6つの科目群から構成される教育課程を編成している。
 「導入科目」群は、大学での学修を円滑に開始するための「北欧入門セミナー」と、北欧について基礎的知識を習得するための「各国概論」から構成さる。これら導入科目で習得した技能・知識の上に「歴史系科目」が位置づけられる。国別の歴史を扱う4科目と、ヨーロッパという枠組みの中で北欧史を検討する1科目により、あらゆる分野の研究に不可欠な北欧史に関する知識を習得する。
 主専攻科目の中心となるのが「社会系科目」群と「文化系科目」群である。「社会系科目」群は、さまざまな分野における北欧の先進的な取り組みを検討していくものであり、具体的には男女平等、教育・文化政策、多文化共生、福祉、環境政策、外交と国際貢献を扱う科目から構成される。一方、それら取り組みの根底にある北欧の人々の価値観に迫ろうとするのが「文化系科目」群である、その中には文化論、文学、児童文学、アイスランド研究、北欧神話が含まれる。
 以上の科目群すべてに関係するのが「言語科目」群である。北欧を理解するためには、北欧の人々が自ら発信する情報にあたることが不可欠であるとの観点から、北欧の言語(デンマーク語・スウェーデン語・ノルウェー語・フィンランド語)について、体系だった学習を可能にするために入門から上級までの科目を設置している。加えて、北欧現地を訪問し自らが北欧を体験する「北欧語海外研修」も教育課程の重要な要素である。
 「卒業研究科目」群は、北欧学科での学修の集大成として卒業論文を執筆する、あるいは何らかの作品を完成させるための科目群であり、北欧セミナーA・B、卒業研究A・Bの4科目から構成される。
 北欧学科は、以上の教育課程を通して教育目標を達成することをめざしている。

アドミッション・ポリシー

 文学部北欧学科では次のように教育目標を定めています。
北欧学科は、北欧文化の特質や北欧社会の取り組みについて学ぶことにより広い視野と柔軟な発想力を備え多様な価値観を受容することのできる人材、北欧言語の学習や留学・海外研修などを通じて自らの考えを発信する力を高めた人材、日本という視点から北欧を研究することで批判的考察力を身につけた人材、自己と社会との関わり方や自立した生き方を主体的に構想すると同時に、日本社会が抱える課題の克服に積極的に取り組むことのできる人材を養成することを教育目標としています。
 この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

北欧学科へ戻る