学びのスケジュール

自分流の学びのスタイルが設計可能です

1年次 第1、2セメスター

「西洋史研究入門」と「西洋史プレゼミナール」を中心に、西洋史を学ぶ基礎的知識やプレゼンテーションの方法を学びます。また、全学部共通の「英語コミュニケーション科目」のほかに、「西洋史外国語入門」でフランス語・ドイツ語・イタリア語・ロシア語から一つを選択して、第2外国語を学びます。

2年次 第3、4セメスター

「西洋史基礎講読」「西洋史文献研究」で、西洋史に関する英語文献の読解を集中的に行います。西洋史の専門講義科目も開講されます。さらに、「西洋史フランス語応用」と「西洋史ドイツ語応用」、外国語教育センターの開講科目で、よりレベルの高い第2外国語を学ぶこともできます。

3年次 第5、6セメスター

いよいよ本格的な西洋史研究のスタートです。9つのゼミナール科目から、自分の問題関心に合致する科目を選択して履修できます。外国語文献の精読、研究成果の発表と議論を中心とするハイレベルの授業が展開されます。第6セメスターからは、「卒業論文基礎1」が始まります。

4年次 第7、8セメスター

「卒業論文基礎2」で自己の研究を進め、最後の「卒業論文」で大学生活の集大成として、これまでの研究成果をまとめた卒業論文を完成させます。また、就職活動、大学院進学、海外留学など、それぞれの進路を見据えた活動も行われます。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

歴史学科 西洋史専攻へ戻る