教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

 教育目標及び養成する人材像

文学部歴史学科東洋史専攻では、大学・学部の教育理念に沿って、次のように教育目標を定めています。
歴史学科東洋史専攻では、資料や史料を客観的に分析し、歴史事象を論理的に思考する能力や、分析・思考の成果を他者に的確に伝える能力を伸ばし、過去から現在に至る東アジア世界を中心とした東洋史の流れや人々の営為を正しく理解することによって、歴史的な視点で現代社会の課題を認識し、よりよい社会の形成に主体的に関与しようとする人材を養成することです。
 歴史学科東洋史専攻では、本学・学部の学位授与の方針に従い、所定の課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

学位授与に求められる能力

(知識・理解)
 未来に向かって歴史をつくってきた先人の営為に対する共感を基礎としつつ、現代社会もそのような歴史の過程にあることを念頭におき、東アジア世界を中心とした東洋史上のさまざまな歴史事象を体系的に理解する能力

(汎用的技能)
 主体的な問題関心に基づいて、東アジア世界や周辺地域に生きた先人の営為に関する資料や史料の読解、分析、考察を積み重ね、自らの歴史像や他者の歴史像の関係を含めた現代的問題にも対応できるような、適切な方法で成果を表現する能力

(態度・志向性)
 多様な価値観をもつ人々が共存する現代社会の一員であることを自覚しながら、東アジア世界という中国語圏やコリア語圏含む地域を、歴史的視点からも分析・把握し、よりよい解釈や相互理解の構築に積極的に取り組もうとする姿勢

カリキュラム・ポリシー

教育目標

 文学部の教育理念に基づき、歴史学科東洋史専攻では次のように教育目標を定めています。
歴史学科東洋史専攻では、資料や史料を客観的に分析し、歴史事象を論理的に思考する能力や、分析・思考の成果を他者に的確に伝える能力を伸ばし、過去から現在に至る東アジア世界を中心とした東洋史の流れや人々の営為を正しく理解することによって、歴史的な視点で現代社会の課題を認識し、よりよい社会の形成に主体的に関与しようとする人材を養成することです。
 その教育目標に基づき、次のような教育課程を編成します。

教育課程編成の方針

 文学部では初年次教育を重視し、全学科・専攻において、それぞれの専門分野への学びに必要な基礎トレーニングとなる初期導入科目を開設することとしている。併せて言葉を重視する基本姿勢のもと、読む(R)・書く(W)・話す(S)という国語表現に関わる基礎力の育成にも重点を置いている。したがって教育課程の編成にあたっては、これら2要素に配慮した科目群の設置および配列を共通の方針としている。

 上記の方針に則して歴史学科・東洋史専攻では、中国を中心とするアジアの歴史を深く学ぼうとする学生の多様な要求に応えうるカリキュラムを組んでいます。
1)中国古代から近現代に至る時代や、さらに内陸アジア・東南アジア含む地域を専門とする教員を揃えて、多彩な授業を開いています。またこの学問領域に関する充実した書籍・史料を用意し、インターネット等の情報リテラシーを利用した学習も推進し、全時代かつ多面的にこの地域の歴史を深く理解する力を養成します。まず入門系授業により本専攻で必須となる学習の基礎的トレーニングや、古典中国語の読解力、さらに歴史研究の方法論を修得します。そして各時代の全体的な流れや個別テーマに関する知識を修得します。こうした知識をもとに、「演習」の科目によって資料や史料から歴史像を構築することを経験して、これらを通じて得られた力を、最終的に卒業論文という形で結実させます。
2)本専攻では東アジアにおいて特に重要視される中国語やコリア語の基礎的な能力を身に付ける授業を組んでおり、特に中国語については実際に読み・書き・話すことができる語学力を磨き、将来の夢を実現できる能力を養います。こうした語学力を活かし、またさらに磨くために、海外研修や本学がアジアをはじめとする海外の多くの大学と結んでいる海外派遣制度による長期・短期の留学を通して、海外で勉学することも可能となります。
3)本専攻のカリキュラムでは、自由選択履修の幅をかなり大きく設け、学生の自発的意思による学習プランを尊重しながら、興味ある分野の学習・研究を積極的に支援します。自専攻の科目にとどまらず、歴史学科他専攻の科目をはじめ、広く他学部・他学科の科目を履修して、学際的興味を広げたり、資格取得に挑戦したりすることも勧めています。

アドミッション・ポリシー

 文学部歴史学科東洋史専攻では次のように教育目標を定めています。
歴史学科東洋史専攻では、資料や史料を客観的に分析し、歴史事象を論理的に思考する能力や、分析・思考の成果を他者に的確に伝える能力を伸ばし、過去から現在に至る東アジア世界を中心とした東洋史の流れや人々の営為を正しく理解することによって、歴史的な視点で現代社会の課題を認識し、よりよい社会の形成に主体的に関与しようとする人材を養成すること。
 この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

歴史学科 東洋史専攻へ戻る