学びの分野

今、激変する東アジアが元気で面白い

東洋史専攻では、古代史から現代史までを専門とする多彩な教員のもとで、アジア、特に中国とその周辺地域の歴史を学びます。私たち日本人にとって中国は、古くから密接な関係をもってきた国であり、日本の社会や文化の形成に深く影響を与えてきました。また現在の国際社会、とりわけ東アジアのなかで中国が占める位置は、以前にも増して重要となってきています。本専攻では現実の東アジアを踏まえ、その過去から現在にいたる歴史を学びます。我が国における中国史研究は、長い歴史をもち、世界的に見ても極めて高い水準を維持してきました。本専攻では、そのような優れた伝統と成果を受け継ぎ、さらに新発見の文物史料や最新の国際的な研究成果をも視野に入れ、授業を展開します。各授業を通じて、探究心を旺盛にして論理的に思考し、中国を中心に東アジアの歴史と現在を理解し、それを的確に伝えるコミュニケーション能力を身につけて、さまざまな分野で活躍できる人材の育成を目指します。

東アジアの過去と現在を結びつけて歴史的に学ぶ

現実感覚と歴史感覚を身につけるために

東アジアの歴史を単に過去のものとして捉えるのではなく、急速に変化する現在の姿と結びつけ、さらに将来も視野に入れ、総合的に学びます。そのために、東洋史専攻では現代の東アジアに関する授業はもとより、短期や長期の留学、アジア海外研修、さらには各種の情報により、学生に現在の東アジアの実情を認識し体験させることに努めます。学生がそのような認識や体験を東アジアの過去の歴史と結びつけて考え、変化し続ける中国とその周辺の歴史を学ぶことを指導します。

中国とその周辺の歴史の基礎的知識をしっかり身につける

個別問題を全体的関連のなかで捉えるために

歴史は決して暗記の学問ではありません。個々の事件や制度などがどのような背景から生まれ、それらが互いにどのように関わっているのかを、時間的・空間的広がりのなかで考えていく学問です。東洋史専攻では、中国とその周辺地域の歴史を体系的・有機的に学べるように多彩な教員スタッフをそろえており、基礎的知識がしっかり身につきます。

中国との関連で、アジアの他地域の歴史や文化も学びます

広く深く学ぶために

東洋史専攻は、中国史を中心に学びますが、日本において際立って多くのアジアを研究する教員をそろえた東海大学文学部にあって、アジア文明学科との相互協力のもとに、関連するアジアのほかの時代や地域の歴史も学び、広い視野でこの地域の歴史を深く理解し追究することができるように指導しています。そのために、学生が卒業単位として自由に選択できる科目の枠を広くとっています。

ねばり強く問題追究できる実践力を養う

「ものを調べる」方法を身につけるために

歴史の知識は、単に他人の言うことや書物の記事を鵜呑みにしただけでは、生きた知識として身につきません。自分で「なぜだろう?」と思った問題を、自力で調べ解答を出すことはとても大切で、また楽しいことです。東洋史専攻では、こうした喜びが味わえるよう、文献史料の探し方や読み方といった基本となる方法はもちろん、インターネットの利用、さらには実際に自ら博物館や美術館へ出向いて調べることを重視し、指導します。

授業のなかに上質かつ最新の研究成果を反映させる

「学ぶことの楽しさ」を実感するために

現在、東洋史学によって何がどこまで明らかにされているのか、また、新しい研究情報や水準の高い研究成果によって、従来の見解がどのように改められたのかを知ることは、たいへん興味深いことです。東洋史専攻では、内外の最新研究成果や新出土資料情報などを授業に取り入れ、学ぶことの楽しさを実感できるよう配慮します。 

文字史料と図像資料の解読能力を向上させる

さまざまな資料を扱えるようになるために

歴史資料には文字で書かれた史料と、壁画・画像石・画巻のような図像で表された資料があります。どちらの資料も歴史研究においては不可欠の材料です。ことに図像資料を歴史研究に導入するのは、近年の新しい傾向で、東洋史専攻の特色ある授業の一つです。美術史とは異なる研究方法を学ぶことになり、文字史料の読解研究とともに、大いに参考になります。

卒業論文の個別指導を徹底する

達成感と自信を持って社会に巣立っていくために

卒業論文は東洋史専攻における学習成果の総決算の意味を持っています。自らテーマを見つけ、関係史料(資料)を探し集め、読み、分析し、発表し、最終的に論理的な文章でまとめます。この総合的な作業をやり遂げることができて、はじめて論文が完成するのです。本専攻では、担当教員が個別指導を徹底し、学生が達成感と自信を持って社会へ巣立っていけるよう支援します。

中国語やコリア語を使えるようにする

日本と関係深い中国とその周辺を理解し、関連分野で活躍するために

東洋史専攻では、中国語やコリア語の習得を重視しています。中国語やコリア語の習得は専門の研究論文を読むためだけではなく、東アジアの文化を理解し、体験し、この地域の人びととのコミュニケーションを円滑にします。また、ますます関係が深くなる東アジアの現代社会の多様な関連分野で活躍できることを保証します。本専攻では、中国語とコリア語の授業を開設し、学生の語学力の向上を支援します。

アドミッションポリシー

歴史学科東洋史専攻では、本専攻の教育目標「中国とそれに隣 接する東アジアや内陸アジア世界の歴史を学ぶことを通して、アジアの歴史への深い理解と広い視野、さらに自分の意見を的確に発信できる文章力を持ち、卒業後に社会で通用する中国語やコリア語の能力とコミュニケ-ション力を備えた人間を育成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

歴史学科 東洋史専攻へ戻る