教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

教育目標及び養成する人材像

 文学部心理・社会学科では、大学・学部の教育理念に沿って、次のように教育目標を定めています。
心理学・社会心理学・社会学の学びや、統合的な多くのフィールド実践を通じて、実社会で活かせる“コミュニケーション能力”と“社会的構想力”を育てることを教育目標にしています。コミュニケーション能力とは、人間関係の充実に必要な社会的スキルです。社会構想力とは、社会的課題や問題に対して具体的な解決策や行動計画を提案できる力です。この2つの能力を基礎にして、心の安定に関する技法と、人と地域をつなぐ主導性を育成します。
 心理・社会学科では、本学・学部の学位授与の方針に従い、所定の課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

学位授与に求められる能力

(知識・理解)
 現代社会の仕組みとそこで生きる人間の課題を学び、そこでの課題解決に向けて、臨床心理学・社会心理学・社会学等の各専門分野について自らの問題意識に即して理解する基礎的能力

(汎用的技能)
 現代社会と人間の課題について、豊かな感受性と論理的な思考によって考察し、他者との関係を築きながら、様々な表現形式を通じて発信して、積極的に課題解決を行っていく能力

(態度・志向性)
 激しく変動する現代社会と人間の課題に主体的に取り組み、多様性を受容しながら、共生という新たな社会関係の構築に積極的に貢献しようとする姿勢

カリキュラム・ポリシー

教育目標

 文学部の教育理念に基づき、心理・社会学科では次のように教育目標を定めています。
心理学・社会心理学・社会学の学びや、統合的な多くのフィールド実践を通じて、実社会で活かせる“コミュニケーション能力”と“社会的構想力”を育てることを教育目標にしています。コミュニケーション能力とは、人間関係の充実に必要な社会的スキルです。社会構想力とは、社会的課題や問題に対して具体的な解決策や行動計画を提案できる力です。この2つの能力を基礎にして、心の安定に関する技法と、人と地域をつなぐ主導性を育成します。
 その教育目標に基づき、次のような教育課程を編成します。

教育課程編成の方針

 文学部では初年次教育を重視し、全学科・専攻において、それぞれの専門分野への学びに必要な基礎トレーニングとなる初期導入科目を開設することとしている。併せて言葉を重視する基本姿勢のもと、読む(R)・書く(W)・話す(S)という国語表現に関わる基礎力の育成にも重点を置いている。したがって教育課程の編成にあたっては、これら2要素に配慮した科目群の設置および配列を共通の方針としている。

 上記の方針に則して心理・社会学科では、心理学と社会学への実社会からのニーズに対応するために、3つの課程編成の方針を設定している。具体的には、①【社会的デザイン:社会に関心があり主として地域社会の新制度を提案する】、②【人間関係デザイン:人の心理に関心を持ち人間関係の構築に関わる】、③【心理専門職:心理の専門職業人としての進路を目指す】、をサポートする3課程編成である。
 ①の【社会的デザイン】系には、人々の意識や生き方を学び、地域社会や生活をよりよい方向へ変えるための知識・技法を学ぶ科目が用意されている。この科目群の将来進路には、NPO・地方公共機関・公益財団・情報処理・ファッションなどが想定される。②の【人間関係デザイン】系には、人々の意識や行動を学び、人間関係づくりに関わっていくための科目群が用意されている。この科目群の将来進路には、小売り・金融・生活サービス・福祉・教育サービスなどの仕事が想定されている。③の【心理専門職】系には、学会認定カウンセラー・臨床心理士・公認心理師の資格取得に関わる科目が用意されている。この科目群の将来進路には、大学院に進学し、心理臨床現場での演習や実習を経て、各種試験に合格していくことが想定されている。特に、公認心理師は、我が国初めての心理カウンセラーに関わる国家資格であり、学部レベルもその受験資格取得が可能なため、従来からの臨床心理士関連科目とは別に、この資格に対応した科目群が設置される。
 また、3つの課程編成の基礎となる共通科目では、人のことばや気持ちを受け止め、自分の考えや気持ちを適切に伝える力や、有益な知識を得て社会現象を読み解く力を磨くための、文章表現法・専門英語・社会調査統計学・デベート・プレゼンテーション法などの「実用的な力を高める」科目群が用意されている。

アドミッション・ポリシー

 文学部心理・社会学科では、次のように教育目標を定めています。
心理学・社会心理学・社会学の学びや、統合的な多くのフィールド実践を通じて、実社会で活かせる“コミュニケーション能力”と“社会的構想力”を育てることを教育目標にしています。コミュニケーション能力とは、人間関係の充実に必要な社会的スキルです。社会構想力とは、社会的課題や問題に対して具体的な解決策や行動計画を提案できる力です。この2つの能力を基礎にして、心の安定に関する技法と、人と地域をつなぐ主導性を育成します。
 この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

番組『知のコスモス』新しいウィンドウを開きます

心理・社会学科へ戻る