水産学科 生物生産学専攻

水生生物の保全や増殖について学び、人々の生活に役立てる。

人々の生活を豊かにするために、環境を守りつつ水産動植物の増殖・養殖のあり方や、希少な動植物の保護や育成のための知識と技術を学んでいきます。また、水生生物に関する教養を深めるだけでなく、専門家として社会に役立つ人材を育てます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「水産学入門ゼミナール」では最新のトピックスについて学び、生物学実験や化学実験を通して水産の基礎を学びます。

2年次

水生生物の分類、生理、生態などの科目を学び、実験科目を通して、水生生物の体の仕組みなどの知識を養います。

3年次

水族の繁殖や病気など高度専門科目を履修します。実験科目では専門性を高めるだけでなく卒業研究につながるように科学論文の書き方をレポートによって学びます。

4年次

研究室に所属し、個別に指導を受けながら卒業研究を行います。 知識や技術を身につけるだけでなく、さまざまな活動を通して社会性も身につけます。

将来のビジョン

水族館、学校、水産試験場、調査会社などに勤務。また食品関連の資格を取得し、水産関連企業などに就職する卒業生もいます。

学科のキーワードと概要

水生生物に関する知識、水生生物の増殖・養殖の知識と技術、希少生物の保護に役立つ知識と技術