環境社会学科

“ 人・海・社会・環境 ” をキーワードに人と自然にやさしい社会を考える。

現代社会の環境問題を「環境と社会」「環境と自然」の二つの視点から見つめ、問題解決への考え方を学びます。静岡や清水の海岸、三河湾、石垣島などにおける環境保全の取り組みなど、地域社会と連携した活動も積極的に実施。現場での応用を通して実践力を養います。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

環境問題に取り組む者として必要な知識を習得します。必修科目「環境社会学入門ゼミナール」では大学での学習方法の基礎を学びます。

2年次

自分が興味のある専門分野を探求。「環境といきもの」「環境政策と経済」などの科目で、環境問題の取り組みについて学びます。

3年次

研究を進めたい分野を決め科目を選択。「海の環境教育実習」では率先して環境問題に取り組む力が身につきます。

4年次

将来の進路を決める1年間。「環境社会学総合研究」では、地域活性化の企画からエコエネルギー開発まで、さまざまな視点から環境問題、地域問題に取り組みます。

将来のビジョン

環境問題への深い理解と実行力を生かし、環境調査会社や自然エネルギー関連会社など、多様な分野での活躍が期待されます。

学科のキーワードと概要

環境問題を考える力、課題解決に取り組む力、環境修復・保全のための実践力