水産学科 食品科学専攻

食品の総合的な知識を学び、食の未来を担うスペシャリストに。

食品と生命との関係を学びながら水産物の高度な加工技術や保存方法など、食の安全・安心を守る知識と技術を習得。また、食品の可能性を追究する「機能性食品学」や食の重要性を理解する「食育実習」などを通し、より幅広い知識や技術を身につけた食品分野の専門家を目指します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「生物学」や「化学」など基礎科目を学びます。授業の受け方や課題の作成方法も学習。水産学への関心を高める1年間です。

2年次

「食品学概論」「食品化学」「基礎微生物学」などを学習。生物の構成成分と食品との関連性、食品の安全性などの知識を習得します。

3年次

食品製造型、食品分析型、食育対応型の各専門科目を中心に学びます。卒業研究のテーマを視野に入れて、専門科目を決めていきます。

4年次

研究や分析の手法、科学論文の書き方やプレゼンテーションの方法などの個別指導を教員から受け、研究の成果を卒業論文にまとめて発表します。

将来のビジョン

製造業界や卸売・小売業界に就く卒業生が多くいます。食品衛生監視員・管理者、学芸員などの資格取得も可能なので幅広く活躍できます。

学科のキーワードと概要

食品の総合的な知識、食の安全・安心の知識と技術、食品の製造・加工の知識と技術