海洋生物学科

海と人の共生のために、海洋生物と環境の知識を役立てていく。

水圏生物科学と水圏保全科学という二つの科目群を柱に、海に生息する生物の行動や生態、生物資源の保全などを実践的に学べます。また、大型海洋動物の知能や食性、自然環境保護といったユニークなテーマを含め、幅広く学ぶことが可能。理科教員を目指すこともできます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「海洋実習1」など基礎教育科目とともに、「海洋生物学概論」「基礎生態学」「現代海洋論」「臨海実習」などで海洋生物学の基礎を学びます。

2年次

「魚類学」や「海洋生物学実験」「海棲哺乳類学」「分子生態学」「プランクトン学」などを通して、自分が学びたいと思う専門的分野を見つけます。

3年次

卒業研究へ向けて、より専門性の高い科目を学びます。「沿岸生態調査実習」や「環境化学実験」といった実験・実習科目が中心になります。

4年次

「海洋生物ゼミナール」で各研究室に所属し、卒業研究に取り組みます。 研究の成果を論文にまとめ、最後に発表することで単位修得となります。

将来のビジョン

水族館や水産関連の業種、IT関連企業やサービス業など幅広く活躍。また、学芸員や理科教員を目指す道や、大学院に進学する道も。

学科のキーワードと概要

海洋生物の生態に関する知識、海洋生物の保全に関する知識、海洋生物の有効利用に関する知識と技術