海洋文明学科

海と人とのかかわりを多角的に学び、現代の問題を解決する力をつける。

海洋文明学を通じて、現代社会に生じるさまざまな問題を解決する力を養うことが本学科の目的です。授業では、環境破壊や資源獲得競争、また考古学から現代の国際問題にいたるまで幅広い内容を網羅。海の文化を体感する実習も多く、長期的なフィールドワークも設けています。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

まずは今後の履修計画を立てます。また「海洋政策論」などで海と人の関係や社会的な取り組みの基礎を学びます。

2年次

さまざまな視点から海洋文明学への理解を深めます。演習科目では、海の環境問題や文化、歴史についてフィールドワークなどを通じて学びます。

3年次

卒業研究の準備を始めます。「海洋文明学ゼミナール1・2」を受講し、 各自研究テーマに沿って学問的基礎知識と技術を習得していきます。

4年次

「海洋文明学ゼミナール3」を通じ、卒業研究「海洋文明学研究」に取り組みます。 計画・実行・考察など一連のプロセスを経て、研究をまとめていきます。

将来のビジョン

海洋文明の知識や多様な経験を生かし、リゾート施設などの観光業や流通業、サービス業、海運や水産業、博物館などさまざまな道が開かれています。

学科のキーワードと概要

海洋に関する知識、現代の問題に対する解決力、責任感と行動力