航海工学科 航海学専攻

船舶の運航について広く学び、国際性豊かなプロフェッショナルに。

本学所有の海洋調査研修船「望星丸」での乗船実習を通して、人々の生活を支える重要な仕事に携わる船舶運航のプロを育成します。また、船の専門知識だけではなく国際物流や情報処理などの幅広い学びを通して、海運や海事・物流業界において国際的に活躍できる人材を育成します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

「航海工学入門ゼミナール」で基礎を学習。また、皆でカッターボートを漕ぐことで、リーダーシップや協調性など大切なスキルを習得。

2年次

「航海法規」や「航海力学」、海図や船体構造など基本的な専門科目を学び、3年次から始まる乗船実習や専門知識の習得のための土台づくりをします。

3年次

より深い専門知識を学ぶとともに、救命・消火講習、無線講習など実務に直結する講習が行われます。

4年次

各自テーマを決めて卒業研究を行い、論文を執筆。秋学期からは長期の乗船実習が始まり、海外への航海により、さらに知識を深めます。

将来のビジョン

海技士の免許取得も可能。多くの卒業生が、船長として活躍しています。運輸業や物流業など海事関連産業への道も開かれています。

学科のキーワードと概要

リーダーシップや協調性、海技士になるための知識・実践力、国際感覚豊かな発想力・創造力