航海工学科 海洋機械工学専攻

船や水中ロボットなど海に関する“ものつくり”と、海洋資源・エネルギー開発で社会に貢献。

私たちの生活に必要不可欠な船や、海洋の資源やエネルギーなどの海洋開発に用いられる機械の開発を目指し、授業では船やロボットの製作をはじめコンピュータを使った実習などにより、ものを生み出す技術や創造性を身につけ、問題解決能力を磨きます。また、工学と海洋学を軸としてさまざまな科目を履修することで、社会を支えるエンジニアを育成します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

現代教養科目や英語科目などの教養科目を中心に学びます。必修科目のゼミで、4年次までの履修スケジュールを把握します。

2年次

機械ロボット工学や船舶海洋・資源エネルギー工学にかかわる専門基礎科目や「材料力学」「水力学」などを学習。また、「基礎工学実験」など実践的な授業も始まります。

3年次

「制御工学」「海洋資源・エネルギー工学2」など、専門性の高い科目を履修。「海洋実習3」では、各地の造船所を訪問し、建造中の船舶を見学します。

4年次

研究室に所属し、教員の指導を受けながら卒業研究に取り組みます。 学術研究の進め方、論文のまとめ方、研究発表の仕方などを身につけます。

将来のビジョン

海洋に関連した官公庁や海事関連の団体、海洋技術に関連したメーカーやエンジニアリング会社などへの就職率が良好です。大学院進学への道も。

学科のキーワードと概要

工学・海洋学の幅広い知識、ものを生み出す技術・創造性、エンジニアとしての素養