学びの分野

本学科の特色

伝統文化

武道は日本古来の武術を基本とした「身体文化」であり、現在では、私たちの生活を豊かにする運動文化として親しまれています。すなわち武道は「心技体」の調和を図る教育の重要な柱と言えます。本学科では武道を通して日本の伝統文化の理解を深め、生きる力を養うことを目指しています。

競技力

運動部活動を重視し、高度な競技力を養います。在学生、卒業生が、国内外の各種大会において、優秀な成績を残しています。また、競技者のみならず、科学的に研究された手法を用いて、トレーナーやマネージャーといったチームスタッフとしての役割も重要視し、その育成も目指します。

科学的研究

スポーツ医学・スポーツバイオメカニクス・運動生理学などの自然科学的研究や、武道文化論・武道史・武道指導論・スポーツ心理学 ・スポーツ社会学などの、人文社会学的研究を行います。また、指導法、チームマネジメント、メンタルトレーニングなどの応用研究も行い、科学的視点から武道を研究し、追究することを目指します。

国際感覚

海外実習や研修、国際大会への参加などを通じて国際感覚を磨きます。英語コミュニケーション科目をはじめとした外国語科目を学び、海外から来日する武道修行者との会話で成果を実践し、国際感覚を磨き、国際的に活躍する人材を育成することを目指します。

武道学科の狙い

生涯学習時代に生きる力を与える武道、意欲ある青年を歓迎します。

長寿時代の到来とともに、生涯にわたって健康で豊かな生活を送ることのできる方法に高い関心が寄せられています。武道は、その方法のひとつとして最適です。なぜなら、武道では、「昨日より今日、今日より明日」と日々心新たに、生涯にわたる実践を旨としているからです。武道では「かたち(形)」を重視しますが、その意味は「かたち」の中に技の真髄、人間の生き方の本質が凝縮されているからです。その真髄、生き方の本質を再発見することが武道を学ぶ真の目的といえます。その学ぶ姿勢は生涯学習に通じており、豊かな人生を築くために、武道を学ぶことをおすすめします。武道学科は意欲ある青年の入学を期待します。

武道学科の概要

アドミッションポリシー

武道学科では、本学科の教育目標「体育・スポーツ科学の視点から武道を科学的に研究するとともに、武道の実践を通して、その精神と技術を体得し、国際性に富んだ広い視野を培い、自己開発能力とリーダーシップのとれる個性的な人材の育成を図る」に共鳴し自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

武道学科へ戻る