経済学科

経済に関する幅広い発想力や多角的な視点を養い、現代社会に生かせる経済知識を習得する。

経済学の専門知識を習得しながら、社会問題を「経済学」という視点から解明。さまざまな経済現象を数量や歴史、制度などの側面から理解し、経済の動きを読み取る力を身につけます。また世界の経済事情や諸問題をグローバルに学び、現代社会で活躍できる力を育みます。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

必修科目「マクロ経済学入門」「ミクロ経済学入門」で経済学の基礎を修得し、2年次以降で学ぶ応用科目に備えます。また教養科目や語学も履修し、視野や可能性を広げます。

2年次

「今後、何を学んでいくか」を見据えて履修することが求められます。1年次で学んだ初級レベルの経済理論をベースに、中級レベルの理論や応用科目を学びます。

3年次

少人数制のゼミナールがスタート。教員の指導のもと学術書を読破し、ゼミ仲間と議論を重ねて興味のある専門分野をより深く学びます。

4年次

関心の高いテーマをより深く掘り下げ、独自の視点で経済現象を考察した卒業論文を作成。ゼミごとの発表も行います。

将来のビジョン

個人の能力開発をモットーとする経済学科の卒業生は、卸売業や小売業、金融業、サービス業などを中心に、さまざまな業種での活躍が期待できます。

学科のキーワードと概要

社会を理論で解明する力、経済の動きをデータで把握する力、自分の政策を提案する力