学びの分野

地域から国際社会まで「問題解決策」を考える

政治学科は、政治基礎、地方行政、国際政治の3つのコースを置いて、問題を発見し、課題を考え、解決策を提言する能力を養う授業を行います。科目選択の自由度は高く、幅広い分野の科目を学ぶことを通して、ローカル、グローバルな視点を育みます。
また、少人数のゼミナールや講義に加え、「自治体インターンシップ」、「NPO・NGOインターンシップ」などの体験型授業を通して社会の問題を“自分自身の視点で考える力”を養います。

アドミッションポリシー

政治学科では、本学科の教育目標「政治、地方行政、国際政治についての幅広い知識を持ち、様々な現代の政治課題を多面的に検討して政策提言できる人材を養成すること」に共鳴し、自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

政治学科へ戻る