学びの分野

分子や物質、環境、生命のこと、もっと知りたい。

化学科の特色

  1. 1.創造力がつく

    講義や実験を通じて深い知識が身につきます

  2. 2.実践力がつく

    社会で役立つ能力が養われます

  3. 3.教育力に自信

    きめ細かい指導が受けられます

4年間で獲得できる「基礎力」と「応用力」

化学科では、「自ら問題点を発見し、問題を解決する」能力が身につくことを目標にしています。
化学科で4年間学ぶと、「基礎力」と「応用力」を得ることができます。

1年次
第1、2セメスター

化学の基礎と教養科目を学ぶ!

基礎化学

第1、第2セメスター(1年次)はまず、化学の基礎をしっかりと学びます。「基礎化学1」「基礎化学2」は、高校の化学と大学の化学を結ぶ科目です。「化学実験」では、実験を通して実験操作、ノートの作り方、レポートの書き方を学びます。また専門以外の広い視野を持つことも大切です。物理学や数学のほかに、「現代文明論」や文理共通科目、体育科目、英語コミュニケーション科目も学びます。

2年次
第3、4セメスター

専門基礎化学を学ぶ!

専門基礎化学

第3セメスター(2年次)から、いよいよ専門基礎化学を学ぶことになります。化学科では、「分析化学」「無機化学」「物理化学」「有機化学」の4つの分野を、講義と実験で学びます。これらは必修科目です。実験は複数の教員が指導するほか、技術員、大学院生のT.A(. ティーチング・アシスタント)もサポートします。

分析化学

試料中の化学成分の種類や量を調べる方法や目的物質の分離方法を研究する分野です。高校化学では「物質の分離と精製」「酸と塩基」「酸化還元」の内容です。

無機化学

元素、単体及び無機化合物の構造・性質・反応を研究する分野です。高校化学では「粒子の結合と結晶の構造」「無機物質」の内容です。

物理化学

物理学の考え方を使って物質の構造・性質・反応を研究する分野です。高校化学では「物質の状態」「物質の変化」の内容です。

有機化学

有機化合物(炭素化合物)の構造・合成・性質を研究する分野です。高校化学では「有機化合物」「天然有機化合物」「合成高分子化合物」の内容です。

3年次
第5、6セメスター

基礎から応用へ!

専門応用化学

第5セメスター(3年次)になると、専門基礎をベースにさまざまな応用化学の世界に入っていきます。例えば「情報化学」「生化学」「環境分析学」など時代の先端を行く分野や「高分子化学」「有機新素材」「ニューセラミックス」など新規物質の創製にかかわる応用化学を学ぶことができます。また、温故知新、化学の歴史をひもとく「化学史」も開講されます。基礎から応用へ化学の世界が大きく広がります。

4年次
第7、8セメスター

大学生活の集大成!

卒業研究

第7セメスター(4年次)から、大学生活の集大成、「卒業研究」に着手します。皆さんは研究室で、一人ひとりがテーマをもって研究に取り組みます。研究室は17号館4階~6階にあります。卒業研究を通じて多くの学生が「自ら問題点を発見し、問題を解決する」能力を身につけ、社会にはばたいていきます。

アドミッションポリシー

化学科では、本学科の教育目標「『知識を応用する力』、『問題を解決する力』、『社会で協調して生きる力』を備えた人材を養成する」に共鳴し、自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

化学科へ戻る