学びのスケジュール

自分流の学びのスタイルが設計可能

1年次で基礎を固め、2年次でいろいろな現代数学の分野と出合い、そして3年次以降は専門分野へと進んでいきます。4年次のゼミナールではあなた自身が選んだ分野の数学を究めていくことになります。

1年次 第1、2セメスター

数学を学ぶ意義とは?

皆さんが、数学の原理に少しでも早くから親しめるように工夫されています。高校までに習った、集合、整数、図形、実数、関数を現代数学の立場から見直し、専門の数学を学ぶ意義を伝える科目が用意されています。また、微積分と行列を最初からやり直します。高校では計算技術に重点が置かれていますが、本学科では、その基になる理論について厳密に学びます。

2年次 第3、4セメスター

現代数学の諸分野への入門

各科目は現代の数学の諸分野への入門です。2年次に学ぶことは、1年次に引き続き、将来の専門分野の基礎知識となるもので、整数論、多項式論、位相幾何学、偏微分・重積分、極限の理論、統計、コンピュータ言語などの高校数学にない新しい数学に出合うことができます。

3年次 第5、6セメスター

複数の専門分野を選び研究

自分の研究する分野に重点を置いた学習を行います。代数学、幾何学、解析学、確率・統計学、計算機数学の専門分野の中から興味に応じていくつかの分野を選び、数学研究ゼミナール(卒業研究)に備えます。現代の数学は、その対象が極度に抽象化され、論理の展開も複雑です。どの分野を選択するにしても、自ら進んで一歩一歩理解の度を深めていかなければなりません。

4年次 第7、8セメスター

1つの専門分野を選び研究室に所属

専門分野から1つを選び、数名の学生と共に研究室に所属して数学研究ゼミナール(卒業研究)に臨みます。教員の指導のもとで専門分野の文献を読んだり、課題を解決したり、コンピュータのプログラムを作成したりします。

数学科へ戻る