観光学科

観光立国を目指す日本の観光、そして世界の観光をリードする人へ。

旅行、レジャー、まちづくりなど、さまざまな分野に及ぶ観光産業。カリキュラムは「観光文化」「サービス・マネジメント」「レジャー・レクリエーション」「地域デザイン」の4分野で構成され、将来を見据えて複数の分野の学習も可能。また、五感で体感するフィールドワークや研修も多数あります。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

基礎的な教養とともに、観光を学ぶ前提となる考え方を身につけます。4つの専門分野の入門科目を学習し、どの分野を選択するかの準備をします。

2年次

フィールドワークを通じて観光に関する理解を深め、語学力の向上もはかります。また、観光分野に必要な基礎知識を学び、各自の専門性を高めていきます。

3年次

研究テーマを決定します。各自の希望に応じた学習をしていきながら、卒業論文の準備も。卒業後の進路を見据え、実践力も身につけます。

4年次

卒業論文を完成。またインターンシップなどを通じて社会で活躍するための最終的な準備を行います。最終年次を有効に過ごすために、幅広い科目を履修できます。

将来のビジョン

就職先は観光・サービス業全体に及びます。また、レジャー活動の計画・指導者、国や地方公共団体の観光担当部署など活躍できる職業は多彩です。

学科のキーワードと概要

プランニング力、豊かな国際感覚、コミュニケーション力