教育システム

東海大学型リベラルアーツ教育を通じて専門知識を社会で役立てるために必要な教養を身につけ、「自ら考える力」「集い力」「挑み力」「成し遂げ力」を育む

東海大学では建学以来、文理融合の教育理念を推進してきました。2001年度からは新たな教育プログラム「東海大学型リベラルアーツ」を導入。その目的は、現代社会で必要とされる現代教養教育を行うことにあります。

つまり、「現代市民として身につけるべき教養」についての教育を目指しています。本学では高度な専門知識を身につけるだけで満足するのではなく、それらを人々の幸福や平和のために有効活用することで、真の意味での「教養」が実現できるものだと考えています。

2010年度からはその具体的な目標として、「自ら考える力」「集い力」「挑み力」「成し遂げ力」の4つの力の育成をカリキュラムの中心に据えています。

「カリキュラム・ポリシー」と「カリキュラム・マップ」

本学では、5つの科目区分毎に定められた単位数を「124単位以上」修得して卒業します(医学部は196単位以上)。単位の修得にあたって、皆さんが身につける「4つの力」は、(1)学部学科毎に「育成する人材像」、「授業で育成する力・スキル」を融合して体系化した「カリキュラム・ポリシー」、(2)科目毎に「育成する力・スキル」を記した「カリキュラム・マップ」として明示され、体系的に力を身につけられるようになっています。