企業訪問

訪問実現への3つの道

(1)企業からの呼び出し

資料請求やセミナー等の機会に登録した情報を元に、企業から郵便や電話で連絡が入ることがあります。

(2)「会社訪問随時受付」の企業

企業の資料の中には「会社訪問随時受付」と記載されていたり、会社訪問を促すような内容が書いてある場合があります。このようなときには、セミナーなどの参加に関わらず個別の会社訪問を歓迎していると考えられます。担当者に電話をして訪問日時を予約しましょう。

(3)志望企業に直接アタック

志望企業で企業訪問を行っているかわからない場合は、電話をして訪問したい旨を伝えましょう。時期的な都合ではっきりした返事がもらえないようであれば、キャリア支援機関に相談してみてください。

訪問前にこれをチェック

言葉、態度、服装

採用試験ではありませんが、企業の方と会う貴重な機会なので、就職活動にふさわしい外見、ふるまいを心がけましょう。

時間厳守

社会人として当然のマナーです。無断での遅刻や欠席はもちろん、交通機関の遅れなどで時間に間に合わない場合には、間に合わないとわかった時点で連絡を入れます。

基本情報の確認

事業内容等、事前に確認できる情報はしっかりと頭にいれておきましょう。

自己PRの準備

会社訪問は自分をアピールする機会にもなります。自己PRを整理し、きちんと話せるようにしておきましょう。

携帯品

学生証、履歴書などの書類、就職活動ガイド、筆記用具、印鑑

訪問するときには

訪問当日は、受付で挨拶をするところから社会人としてのふるまいに注意することが必要です。また、せっかくの機会ですので、職場の雰囲気やそこで働く人の様子などをしっかり見てきましょう。さらに志望度が高まったり、志望動機を明確にできるチャンスです。

キャリア支援行事・情報へ戻る