面接

内定までの道のり

内定が出るまでには、どんなプロセスがあるのでしょうか。
日本の多くの企業では、面接はリクルーターを含めて3、4回行われるのが一般的です。
面接の段階とそこで問われる内容は次のとおりです。

  1. (1)採用担当者レベルの面接…一緒に働ける人物かどうかや、志望の度合。
  2. (2)人事課長・部長レベルの面接…中間管理職としての潜在的な能力があるかどうか。
  3. (3)役員・社長面接…広い視野を持ち、的確な経営判断ができる人材かどうか。

役員レベルの最終面接でも、油断は禁物です。例年、最終面接で落ちるケースもあるのです。
面接では人間性とあわせて会社にふさわしい人間かどうかを再確認されます。志望動機などは繰り返しチェックされるので、考えを整理しておきましょう。
より具体的なアドバイスは、キャリア就職センター作成のキャリアガイドブックに掲載しています。そちらも参照してください。

面接前のチェック五箇条

企業を問わず、面接でよく問われる質問は次のようなものです。

  1. (1)何のために大学に入学したのか
  2. (2)大学で何を学び、何を得たのか
  3. (3)なぜ、この会社に入りたいのか(志望動機)
  4. (4)入社してからどんな仕事をしたいのか
  5. (5)入社したら会社にどんな貢献ができるか

企業側のチェックポイント

(1)態度

一番最初の入室、椅子に座る、自己紹介をするといったあたりで印象評価がなされます。第一印象を悪くした場合、それを回復することは難しいので要注意です。

対策

落ち着いて自信をもち、視線をそらさず、大きな声で元気よく話すこと。

(2)表現力

面接官の質問にどう答えるかをチェックします。言いたいことを相手に伝えられれば大丈夫です。

対策

質問の意図がわからないときは聞き返してもかまいません。あやふやで自信のない返答をしないこと。全ての質問に100%の答えを求めているのではありません。質問にどう対応するのかを判断しているのです。

(3)積極性

この会社に入りたいという意思が、態度にも出ているかどうかである程度判断します。

対策

重要なアピールポイントなので、それを裏付けるような事実やエピソードを面接官にわかりやすく伝えましょう。

(4)協調性

入社後、組織に適応して仕事をしていけるかどうかを見極めています。

対策

学生が必要以上に気にするポイントですが、面接官とのコミュニケーションがスムーズにとれていれば問題はありません。面接官の発言に対して、むきになって反論したり、言いがかりをつけたりする態度はマイナス評価につながってしまいます。

キャリア支援行事・情報へ戻る