インターンシップの概要と種類

概要

インターンシップとは、「学生が在学中に、企業等において自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」(文部科学省ウェブサイトより)をいいます。
学生の皆さんにとっては、実際の体験を通じた職業理解、将来の方向付け、就職や就職活動に向けた動機付けを図る良い機会となります。アルバイトとは異なり、比較的難易度の高い社員の業務の一部を体験、見学できることもあります。苦労することもありますが、やり遂げた後は、高い満足感を得ることができます。

制度の種類

本学の学生が取り組むインターンシップ制度には次のものがあります。

(1)本学独自のインターンシップ制度「東海JOB-LEAGUE」

本学独自のインターンシップ制度として1999年2月に導入。毎年約100名前後の学生を約100社の企業・団体に派遣しています。派遣対象となった学生には事前にマナー講座を開くなど、サポートを行います。
通常、インターンシップは3年次生の夏休みを中心に行われますが、本学は4セメスター生(2年次生)を対象とし、春休みに実施しています。時期が早いと思われるかもしれませんが、少し早めに取り組むことで、「働くこと」や「自分自身の強みや弱み」「自分に合う仕事」などを考え、将来を決める際の準備をじっくりと行うことができます。

東海JOB-LEAGUE

(2)本学海洋学部独自のインターンシップ「海洋学部インターンシップ」

詳細は清水教学課キャリア就職担当までお問い合わせください。

(3)本学札幌キャンパス独自のインターンシップ

詳細はキャリア就職機関までお問い合わせください。

(4)各団体、企業が実施するインターンシップ制度

各団体や企業でもインターンシップを実施しています。大学のキャリア就職機関の掲示板を見たり、インターネットを利用するなどして、興味のある団体や企業を検索しましょう。個人でのインターンシップの申し込みは、しっかりと内容を確認した上で行ってください。

インターンシップ制度へ戻る