企業の皆様へ【注意喚起】東海大学の名を騙った施設・設備工事等の斡旋にご注意ください

学校法人東海大学の名を騙った偽造文書を用い、実体のない航空関連施設等の建設や設備工事、リフォームの受発注を装う詐欺行為の情報が複数、長期間にわたり寄せられております。


学校法人東海大学では、新たな航空関連施設等の建設構想や計画は一切ございません。

なお、本件については本学に対する信頼を失墜させる行為であり、本学より所轄の代々木警察署へ報告、相談しております。
下記情報例に類似する施設・設備工事等の斡旋には十分にご注意ください。


〔詐欺行為の手口〕
1. 建築施工業者を名乗る者から、「東海大学が新たに建設を予定している関連施設の工事を受注しているが、その工事の一部をそちらで受けないか。」との話を持ちかける。その際、支度金の支払いを要求する。
2. 建築施工業者を名乗る者は、偽造した工事請負契約書(偽造した印影あり)と「学校法人東海大学 ●●部 ●● ●●」の名刺を用いて、説明を行っている。
3. 受注について着手までは他言無用、秘密情報として口止めをする。
4. 実在する企業名や建設金額、詳細図面等を用いて具体的な説明を行う。
5. 工事に付帯する環境整備関連業務(不動産、警備、飲料設備等)の斡旋も同様に行う。
6. 建設予定地とされる場所に案内して説明等を行う。
7. 全国各地で詐欺行為を展開している。
8. 本学の内部情報(虚偽)を伝えて信用させる。
9. 本学から計画を一任されたとして、偽造した委任状(依頼書)を提示し、信用させる。
10. 本ホームページでの「注意喚起」は計画を秘密裏にするためにわざと載せている等と、説明する。


〔上記内容にお心当りのある方〕
所轄の警察署にご相談されることをお勧めします。

<本件に係るお問い合わせ>
 法人本部総務部法務課
 03-3467-2211(代表)内線2160