2012年度活動紹介

2012年度チャレンジプロジェクトの採択結果は以下の通りです。
来年度は5キャンパスより17のプロジェクトが採択を受けました。応援よろしくお願いします。

湘南キャンパス

プロジェクト名 活動目標
環境キャラバン隊 「学びのテーマ」環境問題(エコ)
“エコをすることの大切さを1人でも多くの人に知ってもらう”ために色々なことに挑戦する。環境劇のテーマは地震によるエネルギー問題に取り組んでいく。
キャンパスストリートプロジェクト 「学びのテーマ」興味・関心・学習の幅を広げ、活動に取り入れることで、企画力を学ぶ
総合大学である利点を生かした地域活性化を目指し地域や学生と協働した交流を生むイベントと、地域と学生をつなぐコミュニケーションフリーペーパーを発行する。
サイエンスコミュニケーター 「学びのテーマ」科学を伝え、科学で人をつなぎ、その輪を広める能力を培う「科学実験チーム」
(地元の小学校に出向いて科学実験を行うチーム)「日食チーム」(金環日食の企画や科学喫茶等科学で人と人とをつなぐ活動をするチーム)「広報チーム」(フリーペーパー作成やHPコンテンツの増築を行い、自分達の活動を広めて行くチーム)の3つのチームで活動していく。
3.11生活復興支援プロジェクト 「学びのテーマ」ニーズに基づいた持続可能な復興支援のあり方を学ぶ
総合大学として、受動的な対応ではなく、専門知識や研究を活かしたより良い方向性を提言・提案・実践していく。2012年度は、ライフメディアチームでは「夏休みこどもテレビ局」を継続し、こどもたちの目線での復興記録を撮影していく。
スポーツ社会貢献プロジェクト 「学びのテーマ」スポーツで繋ぐ
スポーツイベントの実施など地域との連携を深め、地域に求められる活動を展開していく。
東海大学学生ロケットプロジェクト 「学びのテーマ」ロケットの製作、打ち上げ、計画の立案、交渉、実行を通じてものづくりおよびプロジェクトマネージメントについて学ぶ
「高高度に到達できるハイブリッドロケットの開発」について、2012年度の目標はロケットの安全回収である。また、実験をする際には行政や地域住民への書類提出や綿密な話し合いが不可欠で、これらを通し社会に求められる力を養う。
Tokai Formula Club 「学びのテーマ」実践だけでなく、ものつくり、チームマネージメントを通してイメージを形にできるエンジニアを目指す
第10回全日本学生フォーミュラ大会での総合優勝を目指す。マシン完成時期を早め、静的種目にも十分に時間を確保して全体的なポイントアップを行う。
Tokai International 
Communication Club
「学びのテーマ」国際交流や外国人支援を通じて、多文化共生実現に必要な異文化コミュニケーション能力を身に付ける
(1)秦野市内小中学校での外国児童・生徒の日本語学習・授業の支援。(2)外国語が出来なくても気軽にできるスポーツを通じた交流会の企画。(3)日本語別科生と一般学生との昼食を共にするコミュニケーションランチ。(4)学内留学生を対象とした日本人学生のチューター活動。等々の活動を通して異文化コミュニケーション能力を養う。
病院ボランティアプロジェクト 「学びのテーマ」伝える力・聞く力を学ぶ
“医療と社会の橋渡し”として社会に周知されていない病気の啓蒙活動を行い、病気に対する無知・無関心をなくす啓蒙活動を行う。
Beijo Me Liga 「学びのテーマ」異文化理解
日本に在住している外国籍の子どもたち(主にブラジル人)と共に、お互いの「文化」を「理解」し合う。相手のことを理解するためにブラジルで行われている行事を企画し、共に時間を過ごす。
Music Art Project 「学びのテーマ」音と形を融合した総合芸術から感性を学ぶ
2012年度は学生オペラ制作を中心に活動する。例年行っているラグビー応援で、プロジェクトの存在を知ってもらう活動を展開していく。
ライトパワープロジェクト 「学びのテーマ」学生による「ものつくり」を主体としたプロジェクト活動を行い、社会に出て活用できる実践力を身につける。
ソーラーカー・電気自動車チーム、人力飛行機チームの2チーム体制で活動する。ソーラーカー・電気自動車チームは、南アフリカ大会3連覇を目指す。人力飛行機チームは、大会において過去の実績以上の成績を目指す。この大会出場の過程で得た技術・知識を活かしてエコカー教室、ものつくり教室を開催して理科の楽しさを子どもたちに広めて行く。

高輪キャンパス

プロジェクト名 活動目標
Takanawa 共育プロジェクト 「学びのテーマ」地域交流でのコミュニケーションの確立と地域活性化
定期的な通学路の清掃活動や高輪ブランド向上のプロジェクト会議への出席、高輪神輿同好会との連携した神輿担ぎやクリスマス活動等で地域活性化を図っていく。

熊本キャンパス

プロジェクト名 活動目標
先端技術コミュニティ「ACOT」 「学びのテーマ」実践に基づくエンジニアリング
(1)「知識と技術の向上」ETロボコン大会に出場する。(2)「地域振興」NPO法人HITOプロジェクトとの連携で、ロボットサマースクールを開催する。(3)「技術提供」夏に行われるWROに参加する小・中・高校生への支援を行う。付属第五高・熊本星翔高校への支援を継続する。(4)「車椅子プロジェクト」プロトタイプのモータ制御・無線の実用化に向けて行動する。

阿蘇キャンパス

プロジェクト名 活動目標
阿蘇援農コミュニティープロジェクト 「学びのテーマ」援農活動を通して農業への理解を深め、その責任性を社会に発信する
阿蘇地域の農家を訪れ実際に農作業を手伝うことで個人の農業に関するスキルアップや知識の習得を図る。この活動を通して現代農業の現場を肌で感じ、農業の重要性と農業の抱える多くの問題と向き合う。近隣の小学校や幼稚園を訪問していつも食べているものについて理解をもってもらうように伝える活動をする。
あにまるれすきゅープロジェクト 「学びのテーマ」地域の動物愛護の現状を改善するために施設訪問を行い自分たちの知識を増やす
保健所や愛護センターなどの施設を訪問して犬・猫が保健所などに持ち込まれる理由や殺処分を減らす対策を学び、動物病院を訪問してペットの正しい飼い方や感染症についても知識を得る。このプロセスで得た知識を小・中学校、愛護イベントで発表し、幅広い世代の人々の知識不足解消を図っていくように活動していく。

札幌キャンパス

プロジェクト名 活動目標
福祉除雪プロジェクト 「学びのテーマ」東日本大震災から、真のボランティア活動のあり方を追求すると共に、高齢者とのコミュニケーション活動を通じ、社会人基礎力を学ぶ
現代社会の問題である高齢化社会において、地域貢献として雪国北海道での究極のボランティア活動を行う。冬の除雪作業がメインであるが、雪の降らないシーズンは高齢者にとっての過酷な作業の手伝いを行っていく。また、札幌市南警察署との連携により振り込め詐欺防止を含め安全、安心な街づくりにも取り組んでいく。

チャレンジプロジェクトへ戻る