2016年度採択結果一覧

2016年度正式に採択されたユニークプロジェクトは下記の通りです。
全部で7キャンパス、23件が採択されました。そのうち7件が新規プロジェクトです。応援よろしくお願いします。

  1. ※1新規採択

湘南キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
きらきら実験教室 理科に対する興味関心の向上 幅広い年齢層に対応できる工作キットの開発を学ぶ 子どもたちに、ものづくりの楽しさと理科に対する興味・関心を持ってもらうための企画を実施。
TOKAI DESIGN PROJECT 学校賞の受賞 集団制作におけるコミュニケーションとデザインプロセスの理解することを学ぶ デザインを通じて東海大学をアピールすると共に、社会貢献・地域貢献ができる作品づくりに取り組む。
Tokai Air Racers Order ドローンレースを通した学内外における関連技術の普及と質の向上 レースとものづくりを中心に他学科の交流の場を作る次世代の理系教育を学ぶ ドローン技術の普及と質の向上を目指し、レース参加による技術・知識の習得や地域の方や学生に向けて講習会を行う。
Egyptian Project 学内にある文化財を活用して、地域活性化、国際交流を目指す 自ら行動し、実践し、物事をやり遂げる力を学ぶ 学内の古代エジプト・中近東コレクション文化財調査などを行い、地域活性化や社会貢献活動を行う。
Tokai Dream Space Team 高校生・大学生・企業の連携で、ものづくり技術習得イベントを成功させる ものづくり、チームワーク、プロジェクトマネジメントを学ぶ 高校生・大学生・企業の連携で、信頼性の高いものづくり技術を習得するイベントを企画・実施する。
ポリへドロン工作隊 科学館などでの多面体工作を通じ、様々な人に興味を持ってもらい、科学への理解を深めてもらう。 幾何学や算数・数学を学ぶ 子どもたちに主体的に図形作り体験に取り組んでもらうことで、科学への理解を深めてもらう。
Beijo Me Liga※1 在日外国人と触れ合い、その経験から新たな発見を見つけ、自ら考え、問題解決・改善に向けて行動する力を身につける 「話す」「ふれあう」「認め合う」 在日ブラジル人・ペルー人が日本でより良い暮らしができるように、異文化理解のためのイベントや小学生に向けて学習支援活動を行う。
東海魅力宅配便※1 より多くの学生に東海大学の魅力を知ってもらう 魅力発信のためのプロセスから社会的実践力を養う 東海大学の魅力を知ってもらうために、魅力の発信方法やイベントの企画立案・運営のためのプロセスを学ぶ。

代々木キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
よょさんぽ 地域の”魅力発見””情報発信””つながり”の開拓者となる ディスカバー、クリエイション、イベントプランニング、レジャーマネジメントを学ぶ(取材、冊子編集、SNSによる情報発信、イベント企画・運営) 学生や住民参加型のイベントを開催するとともに、地域イベントへ積極的に参加することで代々木周辺の魅力を発見し情報を発信していく。

高輪キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
ロボP ETロボコンやプログラミングコンテストなどで技術研鑽し、楽しく情報通信技術を学んでもらう教室やイベントを開催する 学生同士が知識と技術力を高め合いつつ、グループ開発を通してものづくりの楽しさを体験する ソフトウェア開発を通じて、組み込みの世界を知らない人たちにものづくりの楽しさを伝える。
安心情報コミュニティプロジェクト 人々の安心につながる情報通信システムを構築する 学科を超えたディスカッションを通じて自分たちのユニークなシステムを生み出すことを学ぶ 災害時の安否確認方法など、人々の安心につながる情報通信システムやアプリケーションを考案・開発する。
U-map※1 地図を超えた“知図”をつくる 想像を実現する成し遂げ力 お年寄りや移動制約者の方も利用できるお店の情報やバリア情報などを含む「知図」を制作する。

清水キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
ワンダフル・マリンアニマルズ メカロニクス新規作成2体と県外での新規イベントに参加 メカロニクスの作成と海洋生物の素晴らしさを紹介するなどの成し遂げ力を学ぶ 海洋生物の外見的な特徴をとらえたロボットを製作し、講演や出展を積極的に行っていく。
三保活性化プロジェクト 三保地域の方々と交流を深め、三保地区の活性化を目指す 地域活性化について学ぶ 三保半島を中心として地域の人たちとの交流を通じて地域活性化に貢献する。
海の森プロジェクト 昆布の利用価値をもっと多くの人に知ってもらう 昆布を通しての地域とふれあうことを学ぶ 乾燥昆布など、さまざまな製品を生産・活用し、地域の方に
より魅力的な情報を発信する。
ATLAS 昨年に開催したミニツアーをより良いものにする 国際交流の多面的な理解を学ぶ 清水港に豪華客船が入港する際のボランティアとして、外国人観光客向けのミニツアーを開催する。
サンゴを守ろうプロジェクト サンゴの産卵を確認する 目標を達成するための挑み力と成し遂げ力を学ぶ 駿河湾に生息するサンゴの現状を調査し、サンゴ生息情報として公開する。

清水・湘南キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
気仙沼シャークプロジェクト 被災地、気仙沼の復興 復興を支援する方法を学ぶ 気仙沼のサメを商品として有効活用し、地域の人々の生活再建支援を行う。

伊勢原キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
TOKAI HEALTH DESIGN PROJECT※1 医療福祉系学生と市民との交流を通した新たなヘルスケアの模索 社会のニーズと多職種連携の具体的な方法や手段を学ぶ 学生と市民の相互交流を通して、地域におけるヘルスケアの新たな取り組みをデザインする。

阿蘇キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
阿蘇復興への道※1 南阿蘇と学生の繋がりを後世に伝える 学生たちで復興に対して何ができるかを学ぶ 熊本地震で被災した阿蘇地域での復興支援を目的とした各種行事の協力やボランティア活動を行う。そして、震災前の地域との交流を1年次生が体験し、これからも継続して阿蘇と学生の繋がりを守る。

札幌キャンパス

プロジェクト名 達成目標 学びのテーマ 企画概要
地域連携プロジェクト 地域の方々と一緒に、地域活性化のための活動を企画・実行する 地域の魅力を創造する、発信する、結びつける 地域の方々と一緒に、地域活性化のための活動を企画・実行し、発信する。
札幌ビオトープをつくろう会※1 絶滅危惧種の保護を目的とする生息地の設置およびグラウンドや地域の土地の崩落の防止 生物多様性および土地利用を学ぶ グラウンドへの融雪水の流入阻止、エゾサンショウウオの産卵・孵化促進のためにビオトープを造り、グラウンドでスポーツと自然の両立を目指す。
北の海プロジェクト(HSCAP; Hokkaido Sea-Coast Learn-Activate Program)※1 北海道沿岸の海の生態系を体験をとおして学び、多くの人に伝える 北海道沿岸生態系、水中調査、小中学校への啓もう活動の方法を学ぶ 日本海沿岸で海洋生物の生態系を調査し、小中学生に向けて環境保全の啓もう活動を行う。

ユニークプロジェクトへ戻る