2011年度参加学生の声

3.11生活復興支援プロジェクト

下田 奈祐
工学部
建築学科4年

昨年3月の東日本大震災発生を受け、チャレンジセンターに「3.11生活復興支援プロジェクト」を結成。総合大学である東海大学の専門性と独自性を生かした「持続可能な復興支援」を目標に掲げ、「応急住宅」「ライフメディア」「コミュニティケア」の3チームを構成しました。
応急建築「どんぐりハウス」を岩手県大船渡市と宮城県石巻市に建設したほか、大船渡では「こどもテレビ局プロジェクト」を実施。また、“つながる支援”をテーマに、地域コミュニティ活性化に向けた様々な活動に取り組んでいます。
最初は「とにかく何かできることを」と始めましたが、被災地を訪ね、現地の方々と活動する中で、「地元の人が主役になってほしい。そのためにできることを考え、実行したい」という気持ちが強くなっていきました。来年度以降もプロジェクトの活動は続きます。さらに充実した活動にするためには、多くの学生の協力が必要です。ぜひ一緒に活動しましょう!

参加学生の声へ戻る