地域連携センター

東海大学地域連携センターは、2000年に高輪キャンパスに開設した本学の生涯学習講座を担うエクステンションセンターと、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の採択を受けて2013年度から事業を推進してきたTo-Collabo推進室が統合した、東海大学と地域との連携・交流・運営活動を推進する組織です。

これまでのエクステンションセンターにおける生涯学習講座の実績とTo-Collaboプログラムで培ってきた様々な地域連携活動の実績を基盤に、住民・自治体・企業団体を対象に様々な地域課題に取り組み、東海大学の資源である人・力・場とのマッチングを行いながら、高等教育機関として教育研究や社会貢献、国際貢献に資するとともに、次代を支える学生たちのシティズンシップ(市民性)を醸成することをめざします。

地域連携センター新しいウィンドウを開きます

教育研究活動へ戻る