文部科学省「平成22年度大学生の就業力育成支援事業」

東海大学のキャリアサポートに関する取り組み「ナビゲーションシステムによる就業力育成」が、文部科学省「平成22年度大学生の就業力育成支援事業」に採択されました。

文部科学省「平成22年度大学生の就業力育成支援事業」について

この公募事業は、各大学・短期大学において、産業界等との連携による実学的専門教育を含む、学生の卒業後の社会的・職業的自立に向けた新たな取り組みを国として支援するものです。

東海大学の事業名称

ナビゲーションシステムによる就業力育成

事業の背景と目的

現在、大学生の就職状況は非常に厳しく、多くの大学で就職できない学生の増加が深刻化しています。企業の採用計画は厳選傾向が強まり、高い就業力、社会人力が求められるようになりました。本学ではこうした課題に対処すべく、入学から卒業までの全学的・体系的な教育を通じて学生の就業力を育成し、社会的・職業的な自立を促す考えです。本学では「自ら考える力」「集い力」「挑み力」「成し遂げ力」の4つを、学生に「育成する力」と位置付けて教育活動を推進しています。この4つの力を培うべき「就業力」の軸と捉え、プログラムを策定・実施して参ります。

事業の具体的内容

本学の「ナビゲーションシステムによる就業力育成」は、学生が、将来の目的に合わせた学修計画の策定や進路選択が容易にできるよう、教職員と企業人によるナビゲーション体制を構築し、全学的に実施するという計画です。学生が希望の職種に就くために、どのような科目を体系的に履修し、力を養うべきかを細やかに指導できる体制を確立します。そのために教職員のスキルアップを図る研修会も実施する計画です。

またもう一つの柱として、初年次から卒業までを体系化したキャリア教育に関するカリキュラムの構築にも取り組みます。すでに本学では初年次からのキャリア教育科目を単位化しており、これを充実させて、さらにインターンシップ制度「東海JOB-LEAGUE」も発展させる計画です。具体的には、現在は2年次の春休みに「東海JOB-LEAGUE」を実施していますが、3年次にも新しいインターンシップ制度を設けます。2年次の第一段階では一般的な職業観を養い、3年次には、実学的専門教育を目的に各学部が主体となって取り組む方針です。将来的にどちらのインターンシップもカリキュラムに組み込み、単位化を目指します。また、企業人ナビゲーターによる特別講座等の実施も検討しています。さらに学生への評価システムも構築します。

平成22年度(2010年度)へ戻る