サイエンスマイスター育成プログラム

文部科学省の公募事業である「理数学生応援プロジェクト」で、東海大学が平成22年度の新規採択大学に選ばれました。13大学が企画申請し、有識者による審査・選考の結果、2大学が採択されました。

「理数学生応援プロジェクト」について

この公募プロジェクトは、将来有為な科学技術関係人材を育成するため、理系学部を置く大学(短期大学および大学院大学を除く)において

  1. 1.入試等選抜方法の開発・実践
  2. 2.教育プログラムの開発・実践
  3. 3.意欲・能力を伸ばす工夫した取り組み

など、理数分野に関して強い学習意欲を持つ学生の意欲・能力をさらに伸ばすことを重点に置いた取り組みを行うというものです(文部科学省資料より)。

委託期間

4年間

東海大学の実施計画の名称

社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラム

サイエンス・マイスター育成プログラム新しいウィンドウを開きます

計画の目標

理数分野に高い関心を持って入学した学生の意欲に応えるために、科学者・技術者としての企画力・分析力・点検・改善力に加え、的確な表現力を身につけた、社会の多様な場で活躍できる「サイエンス・マイスター」の育成を目指します。

計画の概要

本計画は、学部の枠を超えた特別なカリキュラムとして、理工系学生を対象に入学直後からスタートします。研究分野で活用されている複数の最先端分析装置の測定原理と分析技術を学ぶことを通じてその興味関心を伸ばし、インターンシップや学会等への参加体験を通じて企画力・点検・改善力を養い、さらには科学英語やプレゼンテーション等の表現力を培って大学院進学へつなげます。サイエンス入試やコース履修のための選抜制度を設け、意欲ある学生をさらに伸ばすプログラムです。

実施組織名

東海大学の理学部・情報理工学部・工学部・教養学部

教育研究活動へ戻る