阿部 幸一郎 PROFILE

阿部 幸一郎 講師
  • 1968年
    • 東京都生まれ
  • 1992年
    • 北里大学衛生学部生物科学科(現:理学部生物科学科)卒業
  • 1994年
    • 熊本大学大学院理学研究科(修士課程)修了
    • 理学部に籍を置きながら、医学部の山村研一教授、阿部訓也助教授(当時)のもとでマウスを用いた発生工学的・分子生物学的手法を学ぶ
    • ES細胞を用いたジーン・トラップ法やin vitro分化系での遺伝子発現解析などに従事する
  • 1997年
    • 熊本大学大学院自然科学研究科にて学位取得(博士)
    • 山村教授の研究室で、ES細胞での遺伝子発現解析を継続すると共に、フローサイトメトリーを利用した始原生殖細胞の新しい単離法を開発
    • 大阪大学微生物病研究所・助手
    • 仲野徹教授の研究室でマウス始原生殖細胞の単離システムをセットアップし、同研究室での生殖系列研究の端緒となる
  • 1998年
    • 東京工業大学大学院・生命理工学研究科にて研究員として勤務
    • 石川冬木教授(現:京都大学)の研究室でテロメラーゼ活性と幹細胞能の関係を探るため、テロメラーゼ陽性細胞の単離を試みる
  • 2000年
    • ドイツ国立GSF研究センター(現:Helmholtz Zentrum Münnchen)研究員
    • Institute of Experimental Genetics(マーティン・フラベ デアンゲリス教授:ディレクター)にて、マウス大規模ミュータジェネシスプロジェクトに加わる。主に関節炎や骨形成不全となる変異マウスの解析に関わる
  • 2006年
    • 東海大学医学部に着任
    • 今井賢治教授と共に、マウスモデルを用いた骨格系疾患の病態解明に着手
  • 2008年
    • 今井教授退職に伴い、研究ユニット長を引き継ぐ
  • 2010年
    • 優秀研究ユニットに
  • 2012年
    • 2011年度松前重義学術奨励賞受賞
  • 現在
    • 東海大学医学部基礎医学系分子生命科学所属、講師
    • 理学博士

EPISODE1