八幡 崇 PROFILE

八幡 崇教授
  • 1972年
    • 東京都生まれ
  • 1994年
    • 北里大学衛生学部生物科学科 卒業
  • 1994~95年
    • 東海大学医学部免疫学 研究員
  • 1997年
    • 東海大学大学院医学研究科修士課程医科学専攻 修了
  • 2001年
    • 東海大学大学院医学研究科博士課程環境生態系専攻 修了
  • 2001~02年
    • 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 特定研究員
  • 2002~05年
    • 東海大学医学部内科学系血液・腫瘍内科学 奨励研究員
  • 2005~08年
    • 同 特任助教
  • 2008~12年
    • 東海大学医学部基盤診療学系再生医療科学 講師
  • 2012年
    • 同 准教授
  • 2014年
    • 2013年度松前重義学術奨励賞を受賞。
      テーマは「幹細胞システムを基盤とした再生医療法の確立」
  • 現在
    • 東海大学医学部基盤診療学系再生医療科学准教授
    • 博士(医学)

受賞歴

  • 2003年
    • Journal of American Society of Hematology, Plenary Paper
  • 2011年
    • Journal of American Society of Hematology, Plenary Paper
  • 2013年
    • 第47回日本無菌生物ノートバイオロジー学会会長奨励賞
    • 他に学術論文業績、多数

招待講演

  • 2009年
    • 「ヒト造血幹細胞の造血再生の動態と老化」日本再生医療学会シンポジウム
  • 2010年
    • 「DNA損傷の蓄積がヒト造血幹細胞の再生能力を低下させる」日本サイトメトリー学会シンポジウム
  • 2012年
    • 「酸化的DNA損傷はヒト造血幹細胞の自己複製能を制限する」臨床フリーラジカル会議
  • 2013年
    • 「免疫不全マウスを用いたヒト造血幹細胞老化メカニズムの解析」日本無菌生物ノートバイオロジー学会シンポジウム など

EPISODE1