卒業生からのメッセージ Vol.2

卒業生からのメッセージ

大﨑 美由紀
(おおさき みゆき)

【出身校】
九州東海大学 農学部バイオサイエンス学科※現・東海大学(学生会【代議委員会】、自然研究部)
東海大学大学院 農学研究科農学専攻
【現在の職業】
JA熊本経済連 肥料農薬課
大学時代にやっておいてよかったことは?
恩師や友人に恵まれたことはもちろん、大学院へ進学して本当に良かったです。私は、連携大学院制度を利用し、(独)農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センターで研究活動を行いました。第一線の研究員の方々に学ぶ2年間は、大変なこともありましたが自信へとつながりました。皆さんも成長のチャンスを大事に、いろんなことに挑戦してください!
これまでにやっておきたかったが、やれなくて後悔していることは?
将来のことに対して、いろんな可能性についてもっと早い時期から考えればよかったと思います。結果として自分の進みたい方向に就職できましたが、自己分析が甘いまま就職活動を行い、迷いや不安があった時期もありました。大学の就職サポートをもっと利用すればよかったです。就職活動には早めの準備と積極性が必要だったと思います。
進路選択のきっかけ、ターニングポイントは?
農業が盛んな町に生まれたこと、父が農業を営んでいたことで、農業に携わりたいと漠然と思っていました。さらに阿蘇での大学生活、面白そう・・・と、東海大学を選ぶことに。大学で学ぶうちに、研究成果を農業の現場につなげていくことが重要と気づき職業を選択しました。今思えば「必然」だったように感じています。

大澤 史
(おおさわ ふみ)

【出身校】
東海大学付属相模高等学校中等部
東海大学付属相模高等学校
東海大学 健康科学部看護学科
【現在の職業】
東海大学医学部付属大磯病院
大学時代にやっておいてよかったことは?
学生のうちに海外旅行へ長期間行けたことです。東南アジアを中心に長期滞在することで様々な国の人との交流や、文化を体験することができました。その経験が私のコミュニケーション能力を更に高めてくれたと思います。
これまでにやっておきたかったが、やれなくて後悔していることは?
海外でのボランティア活動です。医療職に就くという目標があったので、滞在先で医療に携わるボランティア活動を行っておけば、さらに視野が広がったのではないかと後悔しています。
進路選択のきっかけ、ターニングポイントは?
高校生のときから、海外でも活躍できる医療従事者になりたいという夢があったため、留学から日本へ帰り、看護学科へ入学しました。現在、看護師として病院勤務しており多忙の毎日ですが、自分の夢へ向かって日々勉強しています。目標を持って毎日を送れることが自分の一番の強みです。

徳田 有里香
(とくだ ゆりか)

【出身校】
東海大学付属高輪台高等学校(吹奏楽部)
東海大学 海洋学部水産学科(バレーボールサークル)
【現在の職業】
小売業(中島水産株式会社)
大学時代にやっておいてよかったことは?
私の通っていた海洋学部は静岡の清水にあり、生まれて初めての一人暮らしをしました。友人のほとんどが初めての一人暮らしをしていたので、困ったときは助け合ったり、時には友達の家に集まって鍋を囲んだり…。一人暮らしのイメージがガラリと変わって、毎日喜怒哀楽のある生活を送る事が出来ました。
これまでにやっておきたかったが、やれなくて後悔していることは?
大学生活は後半になるにつれ授業数にも余裕ができ、自分の時間を作りやすくなりました。私は水族館が好きで、昔から沖縄の美ら海水族館に行きたかったのですが、社会人となった今は完全にタイミングを逃しました…。学生は時間があってもお金がない、社会人はお金はあっても時間がないとはまさにこの事。学生のうちに時間の必要なことはやっておくべきです!
進路選択のきっかけ、ターニングポイントは?
私が海洋学部に入ったのは水族館で働きたかったからですが、現実は厳しく、それならばと思い研究室ではイルカに関する研究をしました。普段なら入れない水族館のバックヤードに入れていただいたり、研究を通して特別な経験をたくさんさせていただきました。海洋学部で学んだことを生かすために、現在は水産会社で働いています。水族館では働けませんでしたが新たな目標を掲げて日々前進しています!

村越 未來
(むらこし みく)

【出身校】
東海大学 海洋学部水産学科水産資源開発課程(女子バスケットボール部) 東海大学大学院 海洋学研究科水産学専攻
【現在の職業】
一般財団法人長崎ロープウェイ・水族館 長崎ペンギン水族館(水族館飼育員)
大学時代にやっておいてよかったことは?
学部4年生から3年半の間、西表島にある東海大学沖縄地域研究センターで過ごしたことです。ここでは、学部の中だけでは出会えない、たくさんの分野の方にお会いでき、一緒に生活することで、自身の人間性を成長させることができたと思います。また、毎日のように海に出かけ、過ごした日々はとてもかけがえのない経験となりました。
これまでにやっておきたかったが、やれなくて後悔していることは?
生き物について、自分の興味ある分野以外にも目を向けていればよかったと思います。とくに水産学科に所属していたにもかかわらず、海洋哺乳類に興味があり、魚類や他の海洋生物についてはおろそかにしていました。今思えば講義以外にも魚類の飼育や釣りなどをもっとしておけばよかったと思います。
進路選択のきっかけ、ターニングポイントは?
小さい頃から生き物が好きでしたが、進路については漠然としか考えていませんでした。しかし、沖縄地域研究センターで、海鳥の繁殖地での生態調査をしながら、雛や傷病鳥の保護飼育をさせていただき、野生の厳しさ、飼育の難しさなど、たくさんのことを学び、このことを何か生かせないかと、今の仕事を選びました。

三宅 香織
(みやけ かおり)

【出身校】
東海大学 総合経営学部マネジメント学科(チアリーディング部)
【現在の職業】
株式会社 肥後銀行
大学時代にやっておいてよかったことは?
大学でチアリーディング部「CATS」を立ち上げたことがとても良い経験になりました。人集めから広報活動と初めての経験がたくさんできました。また、遠征でハワイに行ったことも貴重な体験でした。東海大学には、背中を押してくれる先生方、サポートしてくださる方がたくさんいます。大学時代は貴重な時間です。自分のやりたいことをアピールすることが大事だと思います。
これまでにやっておきたかったが、やれなくて後悔していることは?
海外研修航海やキャンパス間留学を経験しなかったことを今でも後悔しています。東海大学は総合大学なので、たくさんのチャンスをつかむことができます。多くのことにチャレンジすることで視野を広げ、多くの人と交流することでまた違った自分を見つけることができたのではないかと思います。
進路選択のきっかけ、ターニングポイントは?
スポーツビジネスに興味があり、西崎ゼミに入ったことが銀行に興味を持つきっかけとなりました。西崎先生が銀行出身で、就職相談で銀行について話を聞き、私もお客様の役に立てる銀行員になりたいと思うようになりました。お客様の資産を預かるということは、とても責任感が必要であり、知識も常に深めていかなければなりません。それだけに真剣に取り組める仕事であり、人とのかかわりを大切にする仕事です。