農学部・農学研究科再建に向けた方向性について

2018年03月19日

平素は本学の教育研究活動に対しまして、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2016年4月の熊本地震発生以来、農学部・農学研究科の学生、保護者の皆様ならびにご関係の皆様におかれましては、熊本キャンパスでの授業の実施につきまして多大なるご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
現在、農学部及び農学研究科におきましては、暫定的に熊本キャンパスにおいて授業を実施し、阿蘇キャンパスでは安全性を確保した上で使用可能な部分において、フィールドでの実習等を実施しております。この度、今後の授業運営につきまして、関係諸機関との連携のもとで慎重に検討を重ね、下記3点の基本的な方向性を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1.宇宙情報センターの用地を活用した新キャンパスの整備
農学部・農学研究科の授業は熊本キャンパスで暫定的に実施してまいりましたが、研究室単位での圃場や家畜飼育などをはじめとする実習場の確保が出来ず、近隣の施設を借用するなど、必ずしも充実した教育の実現には至っておりません。
この状況に鑑み、農学部をはじめとする学校法人東海大学として検討を重ねた結果、熊本キャンパスが所管する本学学校用地「宇宙情報センター(上益城郡益城町杉堂871-12)」を新キャンパスとして農学部の教育環境の更なる充実を図ることにいたしました。なお、基礎教育科目等の授業に関しては引き続き熊本キャンパス、フィールドでの実習等を阿蘇実習フィールドで実施いたします。

2.研究活動および地域連携活動の充実
2018年1月17日に「環境省」・「熊本県」・「東海大学」の三者にて協定を締結した「阿蘇地域の創造的復興に向けた地域循環共生圏の構築に関する協定」をはじめとする研究活動、および、学生主導による「チャレンジセンター・プロジェクト」活動など、南阿蘇村を中心とする地域連携活動を実施いたします。

3.阿蘇実習フィールドの施設整備
阿蘇実習フィールドにおいては、実習等の教育を行うため、2019年3月を竣工予定として実習施設を建設します。

今回は基本的な方向性をお示しいたしましたが、今後は具体的な計画に入って参ります。引き続き関係諸機関と慎重に検討を重ねてまいりますので、今後ともよろしくご理解、ご支援の程、お願い申し上げます。

東海大学 学長 山田 清志


【本件に関する問合せ】
 東海大学 九州事務部 九州事務課企画調整担当
 Tel 096-386-2714(直通)
 Fax 096-386-2712
 E-mail:k-fukkou@ml.u-tokai.ac.jp
 (平日9:00~17:00、土曜9:00~16:00、日曜・休日を除く)

戻る