「第21回英語スピーチコンテスト」を開催しました

2017年12月21日

国際教育センターが主催する「第21回英語スピーチコンテスト」を、12月15日に湘南キャンパスの松前記念館講堂で開催しました。これは、国際舞台で活躍できる人材の育成に向けて、外国語をより深く学ぶ一助になることを目的に毎年開催しているもので、海外からの留学生も参加しています。多くの英語を学んでいる学生が6分間の英語スピーチを行い、「論理性」「発音」「説得力のある表現」などを基準に審査しました。

当日は、予選を勝ち抜いた6名が登壇。会場に集まった英語選択科目の履修学生を中心とした約600名の学生を前に、生活の中で感じたことや自身の経験などさまざまなテーマでスピーチしました。最優秀賞にあたる学長賞を受賞したのは、「One citizen,one vote」(市民一人に一つの投票権)と題してスピーチした延聖也さん(文学部英語コミュニケーション学科2年次生)です。2016年に選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことで、延さんは19歳のときに初めて選挙に参加。若い世代の投票率の低さに危機感を覚えたと話し、「将来の日本がよりよくなるよう、社会人としての責任感を持つべき」と訴えかけました。学長賞の受賞について、「自分の力だけではここまでこれなかったので、指導してくださった先生方や、スピーチの練習に協力してくれた友人に感謝したい」と話しました。

ほかの入賞者は、以下のとおりです。
【入賞者】 ※敬称略
◇学長賞
 延 聖也(文学部英語コミュニケーション学科2年次生)
◇教学部長賞
 櫻井邦彦(情報通信学部通信ネットワーク工学科4年次生)
◇国際教育センター所長賞
 マハウォン・ウィリヤ(教養学部国際学科2年次生)
◇東海大学新聞賞
 上原さくら(文学部英語コミュニケーション学科3年次生)
 葛西 蘭(文学部英語コミュニケーション学科2年次生)
 須川真衣(文学部英語コミュニケーション学科2年次生)

一覧へ戻る