-健康マネジメントの実現へ-
すべては、あなたと大切な人の未来を 幸せにするために。「健康」を学ぶ、という選択肢がある。
Mission1 Social Wellness 時代の流れをとらえる

「たいへんな時代になったわね」
介護とか年金問題とか、テレビのニュースを見ていた母がつぶやいたひと言。
昔とは違う、たいへんな時代なのかもしれない。
でも、私は、そんな時代を生きていくんだ。

More

時代とともに変わる、幸せのカタチ、あり方とは。

高度経済成長を経て急速に発展した日本には、医療保険や年金、介護保険、児童手当など、
セーフティーネットとしての様々な社会保障制度がつくられてきました。
しかし現在、経済や社会における急激な変化、特に少子高齢化による労働人口の減少で産業構造が変化し、
これまでの社会保障制度に様々な問題が生じています。
ただ、どんなに社会環境が変わっても、“WELLBEING(幸せ)”のあり方を模索することの大切さは変わりません。
激動する社会において、時代の流れを理解して未来を予測し、主体性をもって「皆が幸せである社会」、
つまり「皆が健康である社会」をつくり上げていく人材が、不可欠になっています。
本学科では、こういった考えを持って、様々なMissionに取組む人を求めています。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
Back
Mission2 Mental Health こころに向き合う

ささいなことから、友だちを傷つけた。
そのことがずっと気になって、食欲もなくなった。
数日後、正直に謝って、仲直りできた。
心が軽くなり、体調もよくなった気がする。不思議だ。
自分の気持ち次第で、世界はこんなに変わって感じられるんだ。

More

こころが平穏でないと、幸せだと感じられない理由。

「皆が幸せな社会」は、どうすれば実現できるでしょうか。まずは自分自身について考えてみましょう。
からだの調子や生活面での安定はもちろん、こころが平穏でないと、幸せだと感じられないのではないでしょうか?
生活面において何かバランスが崩れると、こころにも問題が生じますし、
こころが平穏でないと、生活面やからだの調子にも影響がおよびます。
本学科では、健康に不可欠であるこころを、科学的・理論的に分析して理解します。
家族や友人、同僚・上司との関係における“人と人とのコミュニケーション”を分析・理解することで、
人とのより良い接し方を身につけ、「幸福」や「健康」とは何かを探求します。
そして、知識や技術を、人のために役立つ力へと変えていきます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
Back
Mission3 Nutrition 栄養と身体を科学する

ダイエットを始めた彼女。
有名人のブログで読んだ美容系のサプリを、
ネットの口コミを信じて毎日飲んでるらしい。ちょっとだけ、心配になる。
自分が食べたり、飲んだりするもののこと、
ちゃんと自分で考えたほうがいい気がする。

More

健康ブームだからこそ必要な、栄養の専門家とは。

健康ブームの昨今、ネットやテレビで目にする健康食品やサプリメント。
本当に効果があるのか、なぜからだに良いのか、疑問に思ったことはありませんか?
多くの情報が複雑にからみあう現代社会において、
「“何が”からだに良いのか」という知識だけでなく、
「“なぜ”からだに良いのか」を、きちんとした理由や根拠を持って説明できる人材が必要とされています。
本学科では、「栄養」の理論や仕組みを、講義だけでなく、自分自身のからだの分析や、実験・実習を通じて学び、
“根拠・証拠(エビデンス)”の重要性を身につけます。
また、健康診断の実施や企業と連携した商品開発などを通じ、研究成果を実践的に社会へ還元し、「健康」な社会の実現を目指していきます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
Back
Mission4 Exercise 運動と理論と実践から考える

うちのおじいちゃんは、ウォーキングが日課だ。
晴れの日も、雨の日も、同じ時間に、同じ場所へ行き、戻ってくる。
部活のトレーニングみたいで、何が楽しいのだろう。
ただ、70歳を超えた今も、友だちとカラオケに出かけたり、
おばあちゃんと旅行に行ったり、すごくアクティブだ。
それって、とても幸せな人生なのかもしれない。

More

平均寿命よりも短い、「健康寿命」を延ばす方法。

“いかに幸せな生活を長く送れるか”という「健康寿命」の延伸は、
少子高齢社会における重要な課題です。
80歳を超える平均寿命と、健康寿命には差があるとされ、
事実、入院・治療が必要となる障害は50歳以降に多発しています。
そんな中、健康維持や疾病・介護予防など、健康寿命の延伸につながる運動の価値に関心が集まっています。
本学科では、自分のからだを知ることから始め、運動の理論や技能、効果などを学び、実践につなげます。
科学的な知識・技術を身につけ、個人から家族、地域、企業、社会へと、根拠に基づく運動を「広げる」ことが目標です。
また、運動領域以外の専門科目群も学ぶことで、運動が得意な人や苦手な人など、
それぞれの立場でのトレーニング技法やコミュニケーションスキルを獲得することができます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
Back
Mission5 Solution 技術を自分のものにする

友だちから、悩みを打ち明けられた。
家族のことだった。
なんて言えばいいのかわからず、気まずい沈黙がつづく。
友だちとわかれて、正直ほっとした。
でも、本当はなにか力になりたかった。

More

健康マネジメントに不可欠な、2つの技術とは。

私たちは、常に判断や決断をして生きています。
ただ、様々な情報があふれる現代社会において、何を根拠に判断や決断し、「行動・実行」するかは、非常に難しくなっています。
また、実際に「行動・実行」する際には、相手の話に耳を傾け、
ニーズを聞き出し、要望に応えることが求められ、人と人との関係性が重要な要素となります。
本学科では、下記2つの「技術」を学び、様々な健康分野を結びつけ、マネジメントする力を養います。
(1)統計の知識を身につけ分析し、自分の考えをカタチにする。
(2)相談援助(ソーシャルワーク)の技術を身につける。
「情報を集め、分析し、説得する技」と「聞きとり、調整し、援助につなげる技」を身につけ、応用することによって、
健康をマネジメントする力をより現実的な技術にしていきます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
Back
Mission1 Social Wellness 時代の流れをとらえる

「たいへんな時代になったわね」
介護とか年金問題とか、テレビのニュースを見ていた母がつぶやいたひと言。
昔とは違う、たいへんな時代なのかもしれない。
でも、私は、そんな時代を生きていくんだ。

時代とともに変わる、幸せのカタチ、あり方とは。

高度経済成長を経て急速に発展した日本には、医療保険や年金、介護保険、児童手当など、セーフティーネットとしての様々な社会保障制度がつくられてきました。
しかし現在、経済や社会における急激な変化、特に少子高齢化による労働人口の減少で産業構造が変化し、これまでの社会保障制度に様々な問題が生じています。
ただ、どんなに社会環境が変わっても、“WELLBEING(幸せ)”のあり方を模索することの大切さは変わりません。
激動する社会において、時代の流れを理解して未来を予測し、主体性をもって「皆が幸せである社会」、つまり「皆が健康である社会」をつくり上げていく人材が、不可欠になっています。
本学科では、こういった考えを持って、様々なMissionに取組む人を求めています。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
More
Mission1 Social Wellness 時代の流れをとらえる

ささいなことから、友だちを傷つけた。
そのことがずっと気になって、食欲もなくなった。
数日後、正直に謝って、仲直りできた。
心が軽くなり、体調もよくなった気がする。不思議だ。
自分の気持ち次第で、世界はこんなに変わって感じられるんだ。

こころが平穏でないと、幸せだと感じられない理由。

「皆が幸せな社会」は、どうすれば実現できるでしょうか。まずは自分自身について考えてみましょう。
からだの調子や生活面での安定はもちろん、こころが平穏でないと、幸せだと感じられないのではないでしょうか?
生活面において何かバランスが崩れると、こころにも問題が生じますし、こころが平穏でないと、生活面やからだの調子にも影響がおよびます。
本学科では、健康に不可欠であるこころを、科学的・理論的に分析して理解します。
家族や友人、同僚・上司との関係における“人と人とのコミュニケーション”を分析・理解することで、人とのより良い接し方を身につけ、「幸福」や「健康」とは何かを探求します。
そして、知識や技術を、人のために役立つ力へと変えていきます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
More
Mission3 Nutrition 栄養と身体を科学する

ダイエットを始めた彼女。
有名人のブログで読んだ美容系のサプリを、
ネットの口コミを信じて毎日飲んでるらしい。
ちょっとだけ、心配になる。
自分が食べたり、飲んだりするもののこと、ちゃんと自分で考えたほうがいい気がする。

健康ブームだからこそ必要な、栄養の専門家とは。

健康ブームの昨今、ネットやテレビで目にする健康食品やサプリメント。
本当に効果があるのか、なぜからだに良いのか、疑問に思ったことはありませんか?
多くの情報が複雑にからみあう現代社会において、「“何が”からだに良いのか」という知識だけでなく、「“なぜ”からだに良いのか」を、きちんとした理由や根拠を持って説明できる人材が必要とされています。
本学科では、「栄養」の理論や仕組みを、講義だけでなく、自分自身のからだの分析や、実験・実習を通じて学び、“根拠・証拠(エビデンス)”の重要性を身につけます。
また、健康診断の実施や企業と連携した商品開発などを通じ、研究成果を実践的に社会へ還元し、「健康」な社会の実現を目指していきます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
More
Mission4 Exercise 運動と理論と実践から考える

うちのおじいちゃんは、ウォーキングが日課だ。
晴れの日も、雨の日も、同じ時間に、同じ場所へ行き、戻ってくる。
部活のトレーニングみたいで、何が楽しいのだろう。
ただ、70歳を超えた今も、友だちとカラオケに出かけたり、
おばあちゃんと旅行に行ったり、すごくアクティブだ。
それって、とても幸せな人生なのかもしれない。

平均寿命よりも短い、「健康寿命」を延ばす方法。

“いかに幸せな生活を長く送れるか”という「健康寿命」の延伸は、少子高齢社会における重要な課題です。
80歳を超える平均寿命と、健康寿命には差があるとされ、事実、入院・治療が必要となる障害は50歳以降に多発しています。
そんな中、健康維持や疾病・介護予防など、健康寿命の延伸につながる運動の価値に関心が集まっています。
本学科では、自分のからだを知ることから始め、運動の理論や技能、効果などを学び、実践につなげます。
科学的な知識・技術を身につけ、個人から家族、地域、企業、社会へと、根拠に基づく運動を「広げる」ことが目標です。
また、運動領域以外の専門科目群も学ぶことで、運動が得意な人や苦手な人など、
それぞれの立場でのトレーニング技法やコミュニケーションスキルを獲得することができます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
More
Mission5 Solution 技術を自分のものにする

友だちから、悩みを打ち明けられた。
家族のことだった。
なんて言えばいいのかわからず、気まずい沈黙がつづく。
友だちとわかれて、正直ほっとした。
でも、本当はなにか力になりたかった。

健康マネジメントに不可欠な、2つの技術とは。

私たちは、常に判断や決断をして生きています。
ただ、様々な情報があふれる現代社会において、何を根拠に判断や決断し、「行動・実行」するかは、非常に難しくなっています。
また、実際に「行動・実行」する際には、相手の話に耳を傾け、ニーズを聞き出し、要望に応えることが求められ、人と人との関係性が重要な要素となります。
本学科では、下記2つの「技術」を学び、様々な健康分野を結びつけ、マネジメントする力を養います。
(1)統計の知識を身につけ分析し、自分の考えをカタチにする。
(2)相談援助(ソーシャルワーク)の技術を身につける。
「情報を集め、分析し、説得する技」と「聞きとり、調整し、援助につなげる技」を身につけ、応用することによって、
健康をマネジメントする力をより現実的な技術にしていきます。

この分野の具体的な学び、研究内容はこちら

授業・研究室
More

健康学部で目指せる資格や
職業イメージはこちら

将来の道

学費について

入試情報

イベント情報