内容詳細

基調講演

「東海大学の研究推進と産学連携」

副学長(研究担当)
吉田 一也

講演概要

産官学連携の重要性が増す中、本学は、創立以来重視してきた産官学連携研究の新たなステージを目指し、戦略的重点研究の形成並びにイノベーション創生の推進を目標に掲げております。現在、医工連携のように異分野の研究者が連携する「研究ユニット」や、対象領域が近い研究者が集う「研究所」が重点研究の基盤となり、研究活動を行っております。
本学の取り組む、組織的産官学連携実現に向けた研究の現状・支援体制などを報告いたします。

「本格化する企業と大学の組織的産学連携活動とその課題」

経済産業省 産業技術環境局 技術振興・大学連携推進課 大学連携推進室 室長
飯村 亜紀子 氏

講演概要

科学技術基本計画の推進により、我が国は、大学と産業界の連携施策を強化してきました。国公私立大学での連携活動は大いに活性化し、特許の活用も順調に増加してきています。講演ではこれらを振り返り、オープンイノベーションを基軸に人材・知・資金の循環を意識した制度改革や、グローバル競争時代にふさわしい産官学連携のあるべき姿と、それを実現するための経済産業省の推進策や、将来の課題について触れてまいります。

「TIA:研究機関が連携したイノベーションプラットフォーム」

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 フェロー
金山 敏彦 氏

講演概要

TIA(つくばイノベーションアリーナ)は、イノベーション創出の加速を目的に、在つくばの4機関(産業技術総合研究所、物質材料研究機構、高エネルギー加速器研究機構、筑波大学)と東京大学が連携して運営する研究開発プラットフォームです。総合的な研究能力-人材、施設など-を結集し、大学・研究機関や企業に広く提供することで、知の創出から産業化までを一貫して支援しています。その成り立ちや狙い、活動状況を紹介します。

ポスターセッション

ライフサイエンス系

研究所名又は研究ユニット名/研究テーマ名 研究概要 研究者名 所属
総合医学研究所 当研究所は、トランスレーショナルリサーチの推進と社会貢献による、医科学先端研究の中核拠点となることを目指しています。各学部の連携推進、医科学研究の更なる活性化、幅広い人材育成の受け皿となることが目的です。

安藤 潔

医学部内科学系血液・腫瘍内科学
先進生命科学研究所 本研究所は、学内の生命科学・工学研究を横断的に集約し、人類の命の質(QOL)向上に繋がる研究を行っています。他機関との積極的かつ広範な共同研究と研究成果の発信により、社会と密に接する研究活動を展開することとしています。

平山 令明

先進生命科学研究所
陸上で養殖された水生生物を用いた機能性食品開発

齋藤 寛

海洋学部水産学科食品科学専攻
椎間板における変性、炎症の制御および再生を標的とした新規化合物の探索

酒井 大輔

医学部外科学系整形外科学
リンパ球成長因子 IL-15 と類似した低分子化合物の探索と高齢者敗血症治療への応用

井上 茂亮

医学部外科学系救命救急医学
スポーツ医科学研究所 本研究所は、スポーツ・運動および、それに関連する健康の維持向上等に関する基礎的、応用的研究と、競技力の向上、スポーツ外傷・障害の予防、対策等の新手法、新技術の開発とその応用を行っています。

宮崎  誠司

体育学部武道学科
総合農学研究所 本研究所は、九州・熊本を基点に、食料、農業、農村をめぐる諸問題を取り上げ、研究活動を展開しています。また、バイオテクノロジーの食料生産への活用ならびに機能性食品の開発についてもテーマを広げています。

小野  政輝 

農学部バイオサイエンス学科
生活習慣病に関連する生命現象の解明とその予防を目指した機能性⾷品素材の探索

永井  竜児

農学部バイオサイエンス学科
MRIによる体内の熱・物質輸送の可視化とそれによる治療最適化のための学際拠点の創成 MRIを用いた体内の温度分布、脳脊髄液動態の可視化、ならびに体内医療機器のMRI検査安全性に関する医学部・情報理工学部の共同研究ユニットである。

黒田 輝

情報理工学部情報科学科
MRIを用いた体内の温度分布・脳脊髄液動態の可視化

黒田 輝

情報理工学部情報科学科
体内医療機器のMRI検査安全性評価

黒田 輝

情報理工学部情報科学科
東海大学式 睡眠サイエンス コンソーシアムの構築 東海大学では睡眠サイエンスの研究者が集まって、基礎から臨床そして産業へと結びつける研究開発体制を整えている。当日はそれぞれの研究チームの取り組みについて紹介する。

高雄 元晴

情報理工学部情報科学科
呼気ガスによる睡眠時無呼吸症候群診断技術に関する産学協同研究

青木 琢也

医学部内科学系呼吸器内科学
睡眠作用を有する化合物あるいは天然物の探索に関する産学協同研究

寺尾 晶

札幌教養教育センター・生物学部
眼球運動と疾患及び薬物・アルコール摂取に関する研究 本研究ユニットでは中枢神経系の状態変化の客観的指標の確立を目的とし、独自に開発・構築した非侵襲眼球運動計測システムを用いてヒト及び実験動物の眼球運動を簡便かつ精確に計測・解析する。

木村 穣

医学部基礎医学系分子生命科学
CRISPR/Cas9ゲノム編集技術を応用したモデル動物作製と解析 CRISPR/Cas9ゲノム編集技術を利用した独自の技術開発と、マウスおよび小型魚類のモデル動物作製への応用を目指している。

大塚 正人

医学部基礎医学系分子生命科学
モーションキャプチャシステムを用いた 各種スポーツ動作における”コツ”の分析 モーションキャプチャシステムは、今日、様々な分野で利用されている。我々は、これを用いて、パフォーマンス向上、ワザの伝承、指導法の構築に資するスポーツ動作における”コツ”を解明するための研究を行っている。

小河原 慶太

体育学部体育学科
モーションキャプチャによる「動き」の分析を製品開発へ繋げる モーションキャプチャシステムは、今日、様々な分野で利用されている。我々は、これを用いて「動き」の分析を行い、生理学的分析と併せて、製品開発へ繋げるための研究を行っている。

内山 秀一

体育学部体育学科
柔道選手の体力の個人差を遺伝子情報から考える トップレベルの柔道選手の体力や競技力に影響する遺伝子多型を明らかにすることを目的とした研究である。運動の効果に及ぼす遺伝的な影響を明らかにし、個人差に対応した科学的な指導法の確立を目指している。

上水 研一朗

体育学部武道学科
体水分量を考慮した減量法の検討 これまでの減量は体重のみに焦点を当て、体水分量を考慮していなかった。体水分量の極端な減少は、健康を害す可能性があるため、体水分量を考慮した減量をすることで、安全な減量法の開発につながる。

井上 康生

体育学部武道学科
行動を生み出すメカニズムの解明 家畜を含む脊椎動物に共通する養育行動の神経基盤解明を目的とし、行動学および分子生物学的手法を用いて解析しています。研究成果は、家畜の成長率の向上やヒトの養育行動障害の原因究明への貢献が期待できます。

今井 早希

農学部応用動物科学科
機能性乳酸菌を用いた商品への付加価値の創出 食品から乳酸菌を単離・同定し、機能性を解析する。また、様々な食品での発酵性試験を行ない、新しい発酵食品の開発を目指す。

木下 英樹

農学部バイオサイエンス学科
椎間板変性症に対する再生医療製品実用化事業 腰痛等の原因となる椎間板変性症に対する再生医療製品の開発。
AMEDの「橋渡し研究戦略的推進プログラム」にて同種他家椎間板細胞の非臨床試験を行い、3年後に治験届けを提出、その後医師主導臨床治験を行う。

酒井 大輔

医学部外科学系整形外科学
疾患関連遺伝子に注目したオーダーメイド薬剤スクリーニング法 自己免疫疾患の一部では、自己タンパク質由来のペプチドが特定の遺伝子型のHLAに提示される。我々は自己免疫疾患HLAの発現細胞を用いることでオーダーメイドに化合物を迅速にスクリーニングできる系を構築した。

井上 茂亮

医学部外科学系救命救急医学
マイクロ空間を用いたタンパク質化学研究 本研究ではマイクロ空間の利点を活かし、従来法よりも迅速、単純かつ効率的な反応技術のタンパク質化学研究への利用について発表する。

山口 浩

阿蘇教養教育センター

理工学系

研究所名又は研究ユニット名/研究テーマ名 研究概要 研究者名 所属
海洋研究所 海洋研究所は清水キャンパス内に位置しており、海洋学部と密接に連携し研究や開発を行っています。また東海地震震源域の真上に位置しているという事もあり、地震予知をはじめとして、地域防災に貢献しています。

長尾 年恭

海洋研究所
総合科学技術研究所 総合研究機構・研究推進部と連携し、環境・エネルギー・医療分野を中心に、産官学連携の拠点形成を図るべくプロジェクト課題および専任研究員の研究課題を遂行している。

山口 滋

理学部物理学科
太陽放射などの光放射エネルギーの絶対量計測に関する基礎研究

竹下 秀

総合科学技術研究所
高効率熱音響システム

長谷川 真也

工学部動力機械工学科
情報技術センター 情報技術センターは、情報技術の高度利用による社会貢献を目的として1974年に設立されました。以来、宇宙からの地球観測や各種画像処理・解析等、画像情報工学における先端的な研究に取り組んできています。

長 幸平

情報理工学部情報科学科
4Kによる地球観測映像のデジタルアーカイブ構築 惠多谷 雅弘 情報技術センター
ひまわり衛星データを用いた地上到達日射量推定とその応用

中島 孝

情報理工学部情報科学科
マイクロ・ナノ研究開発センター マイクロ・ナノ研究開発センターの理念、所員、研究テーマ概要、成果、そして企業との連携可能性を議論するための材料を発表する。

稲津  敏行

工学部応用化学科
高分子超薄膜の創製と応用

岡村 陽介 

工学部応用化学科
マイクロセンサ、マイクロ流体デバイス、超薄膜物性

槌谷 和義

工学部精密工学科
高分子超薄膜の医用応用

岡村 陽介 

工学部応用化学科
東海大学イメージング研究センター 本学と(株)ニコンインステックとの包括協定に基づき設立した、企業の方にもご利用いただける共同利用施設です。「見ること」に特化した最先端の光学機器を設置しており、基礎から実用化までの幅広い研究分野に対応しています。

稲津  敏行

工学部応用化学科
分子複雑系・生体系における水構造の計測・解析手法開発による秩序形成とその分子機構の解明と評価 東海大学オリジナルの水構造観測・解析手法の広帯域誘電分光システム(10-6Hz~65×109Hz)と、水素結合ネットワークやコロイド分散系のフラクタル解析は、30年を経てさらに次の局面を迎えた。

八木原 晋

理学部物理学科
水構造の広帯域ダイナミクスと階層構造性の基礎と応用

八木原 晋

理学部物理学科
水構造の動的フラクタル解析と生体評価の基礎と応用

八木原 晋

理学部物理学科
ペプチド構造検索プログラムSAAPの開発 SAAPプログラム開発の目的と研究成果について発表する。

岩岡 道夫

理学部化学科
セレノペプチド創薬研究

岩岡 道夫

理学部化学科
環境・エネルギー(次世代再生可能エネルギー)に関する研究 本研究ユニットでは異なる専門分野をもつ研究者が相互理解をすることで、環境およびエネルギーに関連する研究を統合的に進め、個別研究の深化と学際的研究を遂行する。

冨田 恒之

理学部化学科
有機無機融合ペロブスカイト太陽電池の研究開発

金子 哲也

工学部電気電子工学科
半導体レーザ・ファイバレーザおよび波長変換技術による環境・医療計測 3μm帯波長変換光源によるシックハウス症候群の原因物質のリアルタイム計測、半導体レーザによる火山ガスの計測、ファイバレーザによる広帯域光発生と広帯域波長変換による指紋スペクトルの一括計測などの検討を進める。

遊部 雅生

工学部電気電子工学科
「ナノ材料の表面・界面工学と構造制御に関する研究」 ナノ材料やナノ材料の構造制御技術により新機能・高性能なデバイスやセンサへの応用が期待されており、エネルギー・環境・バイオなどの様々な分野への応用展開を図ることを目的とした研究ユニットである。

岩森 暁

工学部機械工学科
検知膜に有機・無機ナノ材料を利用したナノセンシング技術

クリニッチ セルゲイ 

創造科学技術研究機構
フォトリソグラフィー技術を用いたニオブ表面へのデジタル画像形成

前田 秀一

工学部光・画像工学科
計算科学による医理工連携分野の革新的マルチ・スケール・フィジックス・シミュレーションへの適用 本拠点研究の目的は、1)計算科学に関する研究者の共同研究拠点を形成することにより研究の進展を図り、2)学内・学外の計算科学ユーザーとの共同研究の場を提供し、3)学外連携や国際連携を推進することである。

高倉 葉子

工学部動力機械工学科
新規複合アニオン化合物の合成 高温高圧発生装置などを利用し、新規遷移金属酸フッ化物、酸窒化物の合成構造解析に取り組んでいる。

勝又 哲裕

理学部化学科
大気圧プラズマジェットを用いた応用研究 空気中にプラズマがジェット状に数cm噴出する「大気圧プラズマジェット」を用いて、①金属薄膜の表面の親水化・エッチング、②水中の有害有機化合物の分解、③細胞内への遺伝子導入などの研究を行っています。

桑畑 周司

工学部電気電子工学科
超伝導線材の応用に関する包括的研究 超伝導の応用に関する基礎から製品までの研究を行っている。低温超伝導及び高温超伝導に関して、線材作成、評価、及び応用(超伝導マグネット利用)に関して研究を進めている。

小黒 英俊

工学部材料科学科
海洋探査ロボットのための多関節グリッパ 海底に存在する遺構や資源を探査するための海洋探査ロボット搭載用グリッパの開発を目的とする。過酷環境下での使用に耐えるロバスト性と制御の簡便さ、把持対象物に対する柔軟性をめざした汎用的多関節グリッパの開発を紹介する。

小金澤  鋼一

工学部機械工学科
”TSF“の構築を目指した卓上型NC機の研究 我が国における労働者一人当たりの生産性が低い要因の一つに生産ラインの自動化の遅れがある。自動車部品等の量産工場において小スペース・低コストで自動化ラインを構築できる卓上型NC機について研究成果を報告する。

村山 省己

工学部機械工学科
高効率・低環境負荷型熱流体機器の開発とシステム最適設計 熱交換器や燃料電池、エンジンなどの性能向上は喫緊の課題である。そこで、熱流体機器の摩擦損失軽減、伝熱促進や燃焼効率の向上の観点から研究を進めるとともに、システム全体の最適化を目指して研究を行っている。

福島 直哉

工学部動力機械工学科
バーチャルリアリティの医療応用に関する研究 診断支援や医療技術教育の分野へのバーチャルリアリティの応用について研究する。具体的には、視覚・聴覚・触覚を用いた聴診技術習得のための生体シミュレータや触覚を利用した触診支援システムの開発を行っている。

濱本 和彦

情報通信学部情報メディア学科
連想メモリの活用による超高速検索システムの開発 通常のSRAMに検索用回路を付加することで高速な情報検索ができる連想メモリは古くから研究されている。当研究室では、この連想メモリにニューロンMOSトランジスタを適用して情報検索のさらなる高速化を目指している。

福原 雅朗

情報通信学部組込みソフトウェア工学科
光の空間伝搬を利用した通信技術 大気中を伝搬した光を計測し、大気による光への影響を評価する。その評価結果を用いて、光伝搬のシミュレーションを行うと共に、大気の影響を考慮した装置構成を検討する。

高山 佳久

情報通信学部通信ネットワーク工学科
地下海水を用いた陸上養殖 地下海水は年間通して一定の水温であり、これまでカワハギ、トラウト、ヒラメ、トラフグの養殖に成功している。現在、クロマグロの試験養殖を行っており、配合飼料での養殖が可能であることが分かった。

秋山  信彦

海洋学部水産学科生物生産学専攻
食品の特性を客観的に見える化する 食を介して消費者とのコミュニケーションを促進するため、まずは刺身を題材に、官能評価と機器分析を行い、多変量解析により特性を可視化する。未利用魚やマイナー魚の有効活用、地域特産品の差別化に寄与できる。

後藤  慶一

海洋学部水産学科食品科学専攻
アンセリンの合成研究とケミカルバイオロジーへの展開 アンセリンは静岡特産のマグロやカツオに多く含まれタウリンの10倍以上もの抗疲労活性、痛風予防効果や血糖降下作用等を有する。これら有用効果の詳細な作用機序解明のため、独自の合成法を基盤とした研究を行う。

浅川 倫宏

創造科学技術研究機構

人文社会・総合学系

研究所名又は研究ユニット名/研究テーマ名 研究概要 研究者名 所属
災害・環境変動監視を目的としたグローカル・モニタリング・システムの構築による安全・安心な社会への貢献 衛星観測等によるグローバルな情報と、地域住民等からソーシャルメディアを介して発信されるローカルな情報を有機的に結び付け、災害・環境変動監視を目的としたグローカル・モニタリング・システムを構築する。

長 幸平

情報理工学部情報科学科
Twitterを用いた災害時安否確認システム

宇津 圭祐

情報通信学部通信ネットワーク工学科
文明研究所 文明研究所の目的や研究活動(プロジェクト)の紹介。

山本 和重

文学部歴史学科日本史専攻
教育開発研究センター 本研究センターは学校教育に関する諸問題を文理融合により学際的に研究し、教育の発展、充実に寄与することを活動の目的とし、本年度は「「自続的」学修を育む教育ネットワークシステムの開発研究」を展開している。

成川 忠之

教育開発研究センター
沖縄地域研究センター 西表島網取に位置する本センターは、開設以来、学内や他機関、企業との連携を基盤として、設置場所の特徴を最大限に活かした「地域自然環境の保全」「文化と暮らし」「持続可能な観光資源」などに着目した研究を推進しています。

藤野 裕弘

教養学部人間環境学科自然環境課程
総合社会科学研究所 本研究所は、新たな社会のニーズに対応したビジネスを中心とした研究を進めるべく、昨年度設置されました。知的財産部門、Eコマース部門、地域創造部門の3部門で、学部横断的な研究や学内外研究者との共同研究を進める予定です。 角田 政芳 総合社会科学研究所 
平和戦略国際研究所 本研究所は、国際問題を扱う学園法人部門の直轄研究所を前身とし、国内外の研究機関と連携し、人間の安全保障研究を国内の大学では先駆けて行ってきました。今後、社会科学を中心として、理工学・医学・農学との連携研究を行う予定です。

末延 吉正

文学部広報メディア学科
本学所蔵文化財の保存修復に関する基礎的研究(1)
-有機・無機遺物の分析と保存への提言-
本学は人類史の貴重な資料であるエジプト・中近東・アンデスなどの文化財を所有している。数千年前の人類の限られた技術で作られたこれら「遺物」を、現代の科学技術を用いて探求することで、現代テクノロジーへの新たな提言を行う。

山花 京子

文学部アジア文明学科
古代エジプトの“化学技術”の解明と応用品

秋山 泰伸

工学部応用化学科
古くて新しい技術 粒金とろう付 ろう付の製造技術としての可能性

宮沢 靖幸

工学部材料科学科
「考え方」指導の可能性:クリティカル・シンキング 日常の「当たり前」の検証、論理的で偏りのない考え方「クリティカル・シンキング」を通して、意識してよく考え、考えることは面白く役に立つことを体験的に指導する方法を授業内外で実践・構築し、体系化を試みている。

保坂 華子

文学部英語文化コミュニケーション学科
組織変革によるダイナミック・ケイパビリティの形成 組織変革のメカニズムを、企業の経済性を高める戦略シフトと、企業の社会性を高めるための組織シフトの二側面から実証研究。分析の結果、企業の持続性を保証するダイナミック・ケイパビリティの形成プロセスを解明。

槇谷 正人

政治経済学部経営学科
ECサイト上の消費者購買行動に見られる「迷い」の研究 ECサイトの商品情報へのユーザからのアクセスログから、そのユーザがどの商品とどの商品で迷っているのか、商品のどういった属性(スペック)で迷っているのか、推測する仕組みの開発。

田畑 智章

情報通信学部経営システム工学科

産学連携フェアトップに戻る