寺尾 晶/テラオ アキラ

TERAO Akira

教授

学位:
博士(獣医学)

主要授業担当科目

  • 入門生物学
  • 生物学
  • 生物学実験
  • 動物の生理学
  • 生命と環境
  • 生命倫理

専門分野

  • 動物生理学
  • 睡眠科学
  • 基礎獣医学

現在の研究課題

  • 視床下部神経が睡眠および記憶に及ぼす作用
  • ミツバチ産品が睡眠改善に与える効果
  • 亜種間コンジェニックマウスの睡眠解析
  • 研究内容

    睡眠は単なる活動停止の時間ではなく、高度の生理機能に支えられた積極的な「環境に対する適応行動」であるため、動物の睡眠様式は生活環境に応じて多種多様となり、各々が独自の発展を遂げている。つまり、各動物が持つ固有の睡眠様式は長い年月を経て遺伝子に書き込まれ、子孫に受け継がれてきたものである。故に環境要因を厳密に管理した実験的飼育環境下で観察される睡眠表現型は遺伝子により制御されていると考えることができる。私達は行動遺伝学的手法を用いて、マウスから特徴的な睡眠表現型を規定する新規睡眠遺伝子を同定しようと試みている。長期的目標として、同定した睡眠遺伝子を足掛かりにして分子生物学的手法を用いた睡眠・覚醒調節機構の分子基盤の解明へと研究を展開していき、睡眠の本質を理解することを目指している。

    所属学会

    日本獣医学会

    日本生理学会

    日本睡眠学会

    北海道睡眠研究会

    Sleep Research Society(米国睡眠学会)

    主な論文・著書

    • Yoneshiro T., Kaede R., Nagaya K. Aoyama J., Saito M., Okamatsu-Ogura Y., Kimura K., and Terao A. Royal jelly ameliorates diet-induced obesity and glucose intolerance by promoting brown adipose tissue thermogenesis in mice. Obes. Res. Clin. Prac. 12:127-137 (2018)
    • Tsunematsu, T., Ueno T., Tabuchi, S., Tanaka, K. F., Kilduff, T. S., Terao, A., and Yamanaka, A. Optogenetic manipulation of activity and temporally-controlled cell-specific ablation reveal a role for MCH neurons in sleep/wake regulation. J. Neurosci. 34(20): 6896-6909 (2014)
    • Hiyoshi, H., Terao, A., Okamatsu-Ogura, Y., and Kimura, K. Characteristics of sleep and wakefulness in wild-derived inbred mice. Exp. Anim. 63 (2): 205-213 (2014)
    • Tanno, S., Terao, A., Okamatsu-Ogura, Y., and Kimura, K. Hypothalamic prepro-orexin mRNA level is inversely correlated to the non-rapid eye movement sleep level in high-fat diet-induced obese mice. Obes. Res. Clin. Pract. 7: e251-e257 (2013)
    • Terao, A., Huang, Z-L., Wisor, J.P., Mochizuki, T., Gerashchenko, D., Urade, Y., and Kilduff, T. S. Gene expression in the rat brain during prostaglandin D2- and adenosinergically-induced sleep. J. Neurochem. 105 (4): 1480-1498 (2008)

    メールアドレス

    terao@tsc.u-tokai.ac.jp

    戻る