橘 裕司/タチバナ ヒロシ

Hiroshi Tachibana

教授

学位:
医学博士

主要授業担当科目

  • 感染と防御
  • 専門選択科目
  • 感染症学特講
  • 国際医療学特講

専門分野

  • 寄生原虫学

現在の研究課題

  • 新興・再興原虫感染症の研究
  • 赤痢アメーバ症の基礎研究
  • 研究内容

    近年、感染症は再び増加傾向にあり、新たに出現した感染症や再び猛威をふるっている感染症、いわゆる新興・再興感染症が注目されています。その中には、年間40万人以上が死亡するマラリアなど、原虫感染症も含まれています。私の研究グループでは、わが国で患者が増えている赤痢アメーバ症や薬剤耐性が問題になっている熱帯熱マラリアなどに対して、有効な対策を確立するための基礎研究を行っています。

    所属学会

    日本寄生虫学会(評議員)

    日本熱帯医学会(評議員)

    米国微生物学会

    日本臨床寄生虫学会(評議員)

    日本感染症学会

    日本分子生物学会

    日本霊長類学会

    日本原生生物学会

    日本動物学会

    主な論文・著書

    • Characteristics of inflammatory reactions during development of liver abscess in hamsters inoculated with Entamoeba nuttalli. PLoS Negl Trop Dis. 12:e0006216, 2018
    • Comparison of hemolytic activity of the intermediate subunit of Entamoeba histolytica and Entamoeba dispar lectins. PLoS One. 12:e0181864, 2017
    • Behavior of DNA-lacking mitochondria in Entamoeba histolytica revealed by organelle transplant. Sci Rep. 7:44273, 2017
    • Evaluation of the C-terminal fragment of Entamoeba histolytica Gal/GalNAc lectin intermediate subunit as a vaccine candidate against amebic liver abscess. PLoS Negl Trop Dis. 10:e0004419, 2016
    • Novel hemagglutinating, hemolytic and cytotoxic activities of the intermediate subunit of Entamoeba histolytica lectin. Sci Rep. 5:13901, 2015

    メールアドレス

    htachiba@is.icc.u-tokai.ac.jp

    戻る