木村 穣/キムラ ミノル

Minoru Kimura

教授

学位:
理学博士

主要授業担当科目

  • 分子と細胞の医学
  • 医科学研究序論
  • 分子細胞生物学特講
  • 発生工学1
  • 発生工学実習1
  • 発生工学2

専門分野

  • 分子遺伝学
  • 分子生物学
  • 疾患モデル動物作成と遺伝子機能解析

現在の研究課題

  • ヒト疾患モデルマウスの作成と発症機構解析
  • ヒト疾患モデル作成と診断・治療法開発
  • ヒト疾患の遺伝要因と環境要因の相互作用
  • 研究内容

    本研究室では、遺伝子工学と発生工学を用いて哺乳動物の発生のメカニズム、遺伝子発現の制御、各遺伝子の個体レベ

    ルでの機能を解明することを基本的な目的としています。ヒトを含めた哺乳動物は1個の卵から分裂を繰り返し、多彩

    な機能をもつ複雑な多細胞体へと発達しますが、その過程には、さまざまな遺伝子群の発動、または発動の停止があ

    り、これら遺伝子群の相互作用と環境要因によって、細胞が動き、変化し、個体として発達します。発生に関わる遺伝

    子や遺伝子発現の制御機構と働きを解析することが我々のからだ、つまり人体を理解するのに重要と考えます。また、

    これらの遺伝子の働きの異常が種々のヒト疾患の発症に関わっていると考えられ、遺伝子を改変したマウスを多数作成

    し、ヒト疾患モデルマウスとなるかどうかを調べています。ヒト疾患の原因の探求、診断法、治療法、予防法の開発に

    つながることを期待しています。これまでにも発がん性の高いマウスや、無髄マウスの震えを遺伝子導入で回復させる

    こと、あるいはリウマチの発症を遺伝子導入で抑制することなどにも成果を挙げていますg、今後もさらに展開するべ

    く日々努力して参ります。

    所属学会

    日本分子生物学会

    日本生化学会

    日本遺伝学会

    日本癌学会

    日本癌学会

    日本臨床環境医学会

    日本再生医療学会

    日本口腔外科学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    遺伝子工学と発生工学の技術により遺伝子を改変したマウスが作製できるようになりまし

    た。そこでこの技術を用いて個体レベルでの遺伝子発現の制御と発生の仕組みを解明し、

    さらにヒト疾患のモデルとなるマウスを作製し、ヒトの病気の原因や診断・治療法を開発する研

    究をしています。医学研究は今後の社会においても非常に重要です。

    主な論文・著書

    • 「発生工学実験マニュアル」講談社
    • 「In Situハイブリダイゼーション手法」学際企画
    • 公刊英文論文170篇

    メールアドレス

    kimura@is.icc.u-tokai.ac.jp

    戻る