玉木 哲朗/タマキ テツロウ

Tetsuro Tamaki

教授

学位:
医学博士

主要授業担当科目

  • 生理学1
  • 生理学2
  • 専門選択科目:骨格筋の収縮特性
  • 人体構造機能学特講
  • 人体構造機能学特講実習
  • 生理学2:実習

専門分野

  • 骨格筋の肥大・増殖・再生
  • 神経・筋機能の発達・再生
  • 筋内幹細胞の同定と移植応用

現在の研究課題

  • 骨格筋由来幹細胞を用いた末梢神経再生治療
  • 骨格筋の肥大・増殖・老化
  • 研究内容

    骨格筋は種々の過負荷に対する多彩な適応能力を有しています。その多彩な適応能力とは

    筋肥大・増殖・再生であり、さらに機能的な適応として筋力・筋持久力、瞬発力の向上等

    も見られます。そして、このような適応能力が発揮された結果がいわゆるトレーニング効

    果として評価されることになります。ところが筋がこれらの適応能力をもっていることは

    明らかですが、その結果を導く機序に関しては不明な点が数多く残されています。さらに

    興味深い点は、これらの能力が、個々の筋細胞のもつ能力のみでは補償されず、その周囲

    に存在する筋衛星細胞の力を借りて遂行されることです。私はこのような筋の適応機序と

    筋衛星細胞との関連を組織・生化学的あるいは電子顕微鏡的に検討し、その適応に伴う機

    能的変化をコンピュータを用いた電気生理学的処方により研究しています。端的にいえ

    ば、「どのようにすればヒトはもっと強くなれるのか」を研究していることになります。

    さらに、最近では骨格筋内に多能性の幹細胞が存在することをつきとめ、それらの幹細胞

    を利用した再生医療(自家幹細胞移植法)の開発に力を入れている。

    所属学会

    日本生理学会

    日本体力医学会

    American College of Sports Medicine(ACSM)

    日本再生医療学会

    日本運動生理学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    東海大学医学部は、研究・臨床のバランスが取れた学び舎です。ぜひ、目指していただきたい。

    主な論文・著書

    • Kazuno, A. et al, and T. Tamaki. 2018. Regeneration of Transected Recurrent Laryngeal Nerve Using Hybrid-Transplantation of Skeletal Muscle-Derived Stem Cells and Bioabsorbable Scaffold. J Clin Med. 7.
    • Nakajima, N., T. Tamaki, et al. 2017. Purified Human Skeletal Muscle-Derived Stem Cells Enhance the Repair and Regeneration in the Damaged Urethra. Transplantation. 101:2312-2320.
    • Tamaki, T. 2017. Therapeutic capacities of human and mouse skeletal muscle-derived stem cells for a long gap peripheral nerve injury. Neural Regen Res. 12:1811-1813.
    • Tamaki, T. et al. 2016. A Long-Gap Peripheral Nerve Injury Therapy Using Human Skeletal Muscle-Derived Stem Cells (Sk-SCs): An Achievement of Significant Morphological, Numerical and Functional Recovery. PLoS One. 11:e0166639.
    • Tamaki, T. et al. 2015. Therapeutic isolation and expansion of human skeletal muscle-derived stem cells for the use of muscle-nerve-blood vessel reconstitution. Front Physiol. 6:165.

    メールアドレス

    tamaki@is.icc.u-tokai.ac.jp

    戻る