竹腰 進/タケコシ ススム

TAKEKOSHI Susumu

教授

学位:
医学博士

主要授業担当科目

  • 医学英語
  • 基礎化学
  • 現代文明論2
  • 病理病態学
  • 病理病態学特講
  • 病理病態学特講実習

専門分野

  • 病態生化学

現在の研究課題

  • 酸化ストレスによる神経細胞傷害
  • 研究内容

    人間をはじめとする好気的生物は、酸素を利用してエネルギーを産生し、その生命活動を

    維持しています。これらの生物にとって酸素は必須のものですが、一方、酸素には強い毒

    性作用があることも判っています。この酸素の毒性作用(酸化ストレス)は、生物が酸素

    を利用してエネルギーを作る際に生じる有毒な酸化生成物によって引き起こされます。こ

    の酸化生成物は、別名、活性酸素とも呼ばれ強い化学反応性を持っていて、生体の中の

    様々な物質(脂質、核酸、蛋白質など)と反応してそれらの物質を酸化することにより細

    胞に傷害を与え、色々な病気の原因となります。私は、この活性酸素によって起こる病態

    を解明し、更に、これを防御する薬剤、酵素の開発を目指して研究を行っています。

    所属学会

    日本病理学会

    日本生化学会

    日本酸化ストレス学会

    日本抗加齢医学会

    日本癌学会

    日本組織細胞化学会

    日本色素細胞学会

    日本毒性病理学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    大学は、能動的な行動によって自分自身の知能を鍛え上げていく場所です。その基本とな

    るのがモチベーション(やる気)です。私たちは学生の皆さんのモチベーションが最大限

    に高まる場を提供したいと考えています。

    主な論文・著書

    • 1.Susumu Takekoshi, Yasuhiro Kambayashi, Hidetaka Nagata, Tetsuo Takagi, Yorihiro Yamamoto, Keiichi Watanabe. Activation of protein kinase C by oxidized diacylglycerols. Biochem. Biophys. Res. Commun. 1995:217:654-60
    • 2. Susumu Takekoshi, Hidetaka Nagata, Kentaro Matsuzaki and R. Yoshiyuki Osamura. Lipid Peroxidation Involvement in the Alteration of Protein Kinase C Signaling. Acta Histochemica Cytochemica 2003:36:281-286
    • 3. Kentaro Toriumi, Yosuke Horikoshi, Yoshiyuki R. Osamura, Yorihiro Yamamoto, Naoya Nakamura, Susumu Takekoshi. Carbon tetrachloride-induced hepatic injury through formation of oxidized diacylglycerol and activation of the PKC/NF-kappa B pathway. Lab Invest. 2013 93:218-29
    • 4. Susumu Takekoshi, Yuzo Yasui,Chie Inomoto, Kanae Kitatani, Naoya Nakamura, Yoshiyuki R. Osamura. A histopathological study of multi-hormone producing proliferative lesions in estrogen-induced rat pituitary prolactinoma. Acta Histochemca Cytochemica 2014:47:155-64.
    • 5. Susumu Takekoshi, Kanae Kitatani, Yorihiro Yamamoto. Roles of oxidized diacylglycerol for carbon tetrachloride-induced liver injury and fibrosis in mouse. Acta Histochemca Cytochemica 2014:47:185-194

    メールアドレス

    takekos@is.icc.u-tokai.ac.jp

    ホームページURL

    http://ros.med.u-tokai.ac.jp/新しいウィンドウを開きます

    戻る