穂積 勝人/ホヅミ カツト

Katsuto Hozumi

教授

学位:
博士(薬学)

主要授業担当科目

  • 感染と防御
  • 免疫学特講

専門分野

  • 免疫学
  • 分子生物学

現在の研究課題

  • T細胞分化機構
  • 免疫応答におけるNotchシステムの意義
  • 研究内容

    免疫応答の中心的役割を果たすT細胞は、他の血液細胞が骨髄にて分化するのと異なり、胸腺においてのみ分化・成熟し、末梢リンパ組織に供給されている。我々は、この胸腺分化環境の本態としてのNotchリガンド:Dll4の役割を明らかにし、「T細胞はなぜ胸腺で分化するのか」との課題に明瞭な解を導くことができた。現在は、免疫応答、特にT細胞の機能分化、におけるNotch/Notchリガンドの役割に着目し、その生理的あるいは病理的意義について解析を進めている。

    所属学会

    日本免疫学会

    日本分子生物学会

    The American Association of Immunologists

    主な論文・著書

    • Hozumi K et al., Implication of the common gamma chain of the IL-7 receptor in intrathymic development of pro-T cells. Int Immunol 6:1451-1454, 1994.
    • Hozumi K et al., Active form of Notch members can enforce T lymphopoiesis on lymphoid progenitors in the monolayer culture specific for B cell development. J Immunol 170:4973-4979, 2003.
    • Hozumi K et al., Delta-like 1 is necessary for the generation of marginal zone B cells but not T cells in vivo. Nat Immunol 5:638-644, 2004.
    • Hozumi K et al., Delta-like 4 is indispensable in thymic environment specific for T cell development. J Exp Med 205:2507-2513, 2008.
    • Hirano K et al., Delta-like 4-mediated Notch signaling is required for early T cell development in a three-dimensional thymic structure. Eur J Immunol 45:2252-2262, 2015.

    メールアドレス

    hozumi@is.icc.u-tokai.ac.jp

    戻る