秦野 伸二/ハダノ シンジ

HADANO Shinji

教授

学位:
博士(医学)

主要授業担当科目

  • 分子と細胞の医学1
  • 分子と細胞の医学2
  • 修士課程分子細胞生物学
  • 博士課程ゲノム医学

専門分野

  • 分子神経科学
  • 分子遺伝学
  • 生化学

現在の研究課題

  • 神経変性疾患に関わる遺伝子の同定
  • 神経細胞死の分子機構
  • 研究内容

    神経変性疾患における神経細胞の機能障害ならびに神経細胞死のメカニズムに関しては、近年の分

    子病態解析により飛躍的にその理解が深まりつつある。特に、アルツハイマー病、パーキンソン病、

    ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症をはじめとする多くの神経変性疾患では、蛋白質のコンフォー

    メーション異常に起因した異常蛋白質の脳神経系組織での蓄積が、神経細胞の機能障害ならびに神経

    細胞死に深く関わっているとされている。さらに最近では、これら神経変性疾患の発症に(異常)蛋

    白質の細胞内移送の異常が関わるとの多くの報告がなされている。事実、我々も遺伝性運動ニューロ

    ン疾患の原因遺伝子としてALS2遺伝子を同定し、その遺伝子産物の分子機能解析から、ALS2蛋白質

    がエンドゾームの動態調節因子であることを証明し、その機能的喪失が神経細胞機能障害・細胞死を

    もたらす可能性を示した。本研究では、細胞内における膜動態・物質移送、特にエンドゾーム動態調

    節に焦点を当て、それが神経細胞内での異常蛋白質の蓄積および分解に関与するか否かを個体レベル

    の実験により検証するとともに、その細胞内調節分子メカニズムを解明することを目指す。

    所属学会

    日本分子生物学会

    米国人類遺伝学会

    日本神経化学会

    北米神経科学会

    日本神経科学会

    日本実験動物学会

    主な論文・著書

    • Hadano S, et al: A gene encoding a putative GTPase regulator is mutated in familial amyotrophic lateral sclerosis 2. Nature Genet 29, 166-173, 2001.
    • Hadano S, et al: ALS2CL, the novel protein highly homologous to the carboxy-terminal half of ALS2, binds to Rab5 and modulates endosome dynamics. FEBS Lett 575, 64-70, 2004.
    • Hadano S, et al: Mice deficient in the Rab5 guanine nucleotide exchange factor ALS2/alsin exhibit age-dependent neurological deficits and altered endosome trafficking. Hum Mol Genet 15, 233-250, 2006.
    • Hadano S, et al: Loss of ALS2/alsin exacerbates motor dysfunction in a SOD1H46R-expressing mouse ALS model by disturbing endolysosomal trafficking. PLoS ONE 5, e9805, 2010.
    • Hadano S, et al: Functional links between SQSTM1 and ALS2 in the pathogenesis of ALS: cumulative impact on the protection against mutant SOD1-mediated motor dysfunction in mice. Hum Mol Genet 25, 3321-3340, 2016.

    メールアドレス

    shinji@is.icc.u-tokai.ac.jp

    戻る